スタッフブログ

2013年12月27日 金曜日

乳歯の歯について☆

みなさんこんにちは♪
衛生士の横山です。
先日友人の産まれて5ヶ月になる赤ちゃんを見に行きました。
彼女は 一本も生えていない口で、必死に私の手を噛んでいました♪

さて、乳歯20本がすべて口の中に生え揃うのはおよそ2歳半~3歳。歯のない口で授乳を始めて、1歳半ばで授乳完了。3歳ごろには自立して食事を取れるようになりますので、この時期は咀嚼(そしゃく)力が高まる時期なのです。
ですから、この時期から 健康と食事を結びつけて考えることが必要になります。

乳歯20本を形で分けてみると、シャベルのような形をした乳前歯が合わせて8本、
牙のように尖った乳犬歯が4本、そして臼のような形をした乳臼歯が8本。
比率で表すと、乳前歯 :乳犬歯:乳臼歯は2:1:1です。乳前歯は何かを噛み切るようなイメージですが、実は野菜のようなものを噛み切る歯なのです。そう考えていくと犬歯は牙ですから、お肉を噛み切る歯、そして臼歯は 穀物をすり潰す歯となります。
乳歯20本は 咀嚼力の高まってきた子どもたちの食生活での野菜類、肉類、穀物の必要量の比率だったのです。
みなさん、最近の食事はどんな比率でしたか?


Xmasも過ぎて今年も残すところあと4日となりました☆
どうぞよい年末年始をおむかえください。


投稿者 すずき歯科医院

アクセス


詳しいアクセスを見る〒221-0002
横浜市神奈川区大口通 138-9

■最寄駅
JR横浜線 大口駅
(横浜駅より2つ目)
大口駅西口より徒歩1分

詳しくはこちら