横浜市/大口駅1分の歯医者「ティースホワイト横浜すずき歯科医院」|高度医療を実践。評判・口コミ多数!

診療時間
9:00 ~ 18:00
  • ※受付時間は終了の30分前
  • ※土曜日は17:00まで
  • ※お昼の時間帯も休まず診療しております。

大口駅西口 徒歩1分

045-423-4182

キービジュアル

キービジュアル

ラジオ 第24回放送

2019年06月17日

6月16日(日)に、渡邉院長とカウンセリング担当の森川が

出演したFMヨコハマのラジオコーナー

「Teeth white presents Dental message」第24回目が放送されました!

 

今回は「詰め物・被せ物」についてお話ししました。

 

歯科治療で歯を削った場合、必ず削った部位を何かで補わなければいけません。

それが「詰め物・被せ物」と呼ばれるものになります。

使われる素材は大きく3つ、プラスチック・金属・セラミックです

 

プラスチックを使用する治療は、主に小さい虫歯の治療です。

虫歯を取った箇所にレジンというプラスチックを流して光で固めます。

型を取らないので、一回の通院で終わります。

デメリットは、数年で劣化し、色がついたり、すり減るなど、

再治療が必要になる場合があります。

 

 

 

金属(銀歯)を使用する治療は、虫歯の範囲が大きく、複雑な形を補う治療です。

金属の詰め物と歯の間に隙間ができて虫歯が再発することもありますし、

金属アレルギーのリスクも考えられます。

保険適用の治療なので負担が少ないというメリットがあります。

 

セラミックは、自然な歯の色を再現するため好まれていますが、

実は材質としても、とても優れています。

セラミックは金属アレルギーのリスクがありません。

劣化しにくく、また、隙間ができにくく虫歯になりにくい環境を作ります。

汚れも付きにくく、衛生管理の行いやすい材質です。

デメリットとしては、費用のご負担が大きいことでしょうか。

 

 

 

被せ物や詰め物を入れる治療は、治療し直すことが簡単にできると考えている方が多いですが、

やり直す度に歯を削ることになります。なるべくならやり直すことが少ないものや、

歯に対してダメージの少ない被せ物もの・詰め物を選ぶことが

歯の寿命に大きく関係していきます。

 

次回の放送は、6月23日(日)17:45~です。
「ホワイト二ング・着色除去・PMTC」についてお話しします。

実際の放送では、もっとたくさんの情報をお話ししているので
お時間ある方はぜひお聞きになってください。

 

スマートフォンやパソコン等でラジオが聴ける無料のサービス「radiko」で
リアルタイムで聞けなかった方も、放送されてから1週間は聞くことができます。
ぜひご利用ください!
※聴取を開始してから24時間以内であれば、合計3時間まで、いつでも聴取することができます。
詳細はこちら↓

http://radiko.jp/share/?sid=YFM&t=20190616174433

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私達にお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • 初診web予約
  • web予約
  • メール相談

電話での問い合わせ

045-423-4182

医院の住所

〒221-0002 横浜市神奈川区大口通 138-9

診療時間
9:00 ~ 18:00
  • ※受付時間は終了の30分前
  • ※土曜日は17:00まで
  • ※お昼の時間帯も休まず診療しております。

このページの先頭に戻る