横浜市/大口駅1分の歯医者「ティースホワイト横浜すずき歯科医院」|高度医療を実践。評判・口コミ多数!

診療時間
9:00 ~ 18:00
  • ※受付時間は終了の30分前
  • ※土曜日は17:00まで
  • ※お昼の時間帯も休まず診療しております。

大口駅西口 徒歩1分

045-423-4182

キービジュアル

キービジュアル

POICウォーターについて!

2018年12月11日

こんにちは、歯科衛生士の宮木です。

12月になり、平成最後の冬がはじまりましたね!
ヒートテックやマフラー、コートが欠かせないと思います!
風邪やインフルエンザが流行っていますが、体調はいかがでしょうか?
体調不良で歯ブラシがなかなかできないということもあるとおもいます!

当医院は、POICウォーターというタンパク分解型除菌水をオススメしています!

POICウォーターは純粋なお水と塩を使っているため薬品は一切使用していません!

歯ブラシをする前にゆすぐだけで汚れが浮き上がってきます!歯ブラシにつけて磨いても大丈夫です!

気になった方はぜひ使ってみてください!

また使用方法が曖昧であったり、忘れてしまったら近くのスタッフにお声掛けください!

 

ページを見る

口腔外科診療についてのお知らせ

2018年12月10日

 

こんばんは。

歯科衛生士の笠原です。

当院では週に1回、大学病院から口腔外科の専門医の先生に来てもらい、口腔外科の診療を行っております。

お口の中のトラブルは、虫歯や歯周病だけではなく、舌や歯肉などのお口の中のできもの(違和感)や、顎関節症など様々なトラブルがあります。親知らずと親知らずの辺りが痛む…という症状で来院される患者様もいらっしゃいます。

口腔外科では、親知らずの抜歯や抜歯の相談はもちろん、上記でお話した、舌や歯肉などお口の中のできもの(違和感)や顎関節症など相談や治療方法のご提案を行っております。

舌がピリピリする、違和感がある、お口の中にできものができて心配…など気になる事がありましたらお気軽にご相談ください(^^)!

本院の掲示板にも、お知らせを掲載させて頂きました!

平日は基本的に火曜日、不定期で土曜日も診療を行っておりますので、診察をご希望される方は担当医もしくは歯科衛生士にお問い合わせください。

 

ページを見る

歯の詰め物や被せ物で使用する金属の劣化

2018年11月24日

皆さまこんにちは。カウンセリングを担当しております歯科技工士の森川です。

今日は歯の詰め物や被せ物で使用する金属の劣化についてお話ししたいと思います。

虫歯治療で、失った歯の部分の回復に保険治療では歯科用合金の金属を使います。いわゆる銀歯です。

治療後数年経って、食事中に銀歯が取れて歯医者に駆け込んだなんて方もいらっしゃると思います。

そして取れた銀歯の下の歯の色を見てびっくり!

真っ黒だった!

なんて事も思い当たるのではないでしょうか。

銀歯の下で虫歯が進行していても見えないので、痛みなどの自覚症状がない限り、気付かない事が多いのです。

場合によっては、神経がダメになり、抜歯になってしまう事もあります。

 

なぜそんなことが起こるのでしょうか。

 

お口の中には常にだ液が存在します。

普段、だ液は中性ですが、食べ物が入ると、酸性に変化し、食べ物を溶かして消化しやすくして胃に送ります。

酸性に変化した だ液は歯や銀歯、銀歯を付ける時に使ったセメントなどを溶かしてしまいます。

口の中から食べ物が無くなると おおよそ40分後、だ液は中性に戻ります。

神経のある歯はだ液が中性に戻ると、一度溶け出した栄養分を再度吸収します。再石灰化と呼ばれ、歯質強化につながる働きです。

しかし、銀歯は数年かけてじわじわ溶かされて錆びるように劣化していきます。セメントも同様にじわじわ溶けてしまうので、銀歯と歯の間に隙間ができてしまうのです。

セメントが失われても銀歯が外れないのは、食事の際に歯を噛み合わせてカチカチすることが、金属を歯にはめ込んでしまうことになり、外れにくくなってしまうのです。

結果、銀歯の下で虫歯が進行し、繰り返しの治療につながるのです。歯と神経を失っていくきっかけになってしまいます。

 

保険の治療は費用の負担が少ないメリットはありますが、合わせてデメリットにつながる可能性もある治療法という事もご理解いただきたいと思います。

 

隙間ができにくく、繰り返しの治療に繋がりにくいセラミックを使用する方法もありますが、保険外の自費診療で行う治療です。費用はこちらをご覧ください。

 

今回は金属の劣化についてお話ししましたが、保険の金属で治療しても、セラミックでも、お口の中を清潔に保つことが繰り返しの治療になりにくくする環境を作ります。

適切なホームケアと、悪化する前の検診で健やかなお口の環境を保っていただきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページを見る

アメリカでインプラントのセミナーを受けてきました

2018年10月30日

歯科医師の上村です。

アメリカ、シアトルでインプラントのセミナーに参加し、テンプル大学歯周科教授のDr.Wadaより指導を受けました。

インプラントを行う上で困難な症例について実習をまじえて処置やテクニックを学びました。

講習会自体もまた勉強になりましたが世界の一流の歯科医師に触れあう機会が大きな収穫であったと思います。

今後もより高度な医療を提供できるよう勉強していきたいと思います。

ページを見る

食欲の秋🍎🍁

2018年10月24日

こんにちは!受付の鈴木です(^_^)

あっという間に10月も後半ですね!みなさんどんな秋をお過ごしでしょうか??

スポーツの秋、読書の秋、芸術の秋、、、( ˊᵕˋ )
様々な楽しみ方がありますが、今日は食欲の秋にちなんで間食の取り方のお話をしたいと思います☆

「間食するとむし歯になりやすい」などといわれることがあります。それは、なぜかご存知ですか??

それはお口の中の酸性度が関係しています。
食べ物が口の中に入ると、むし歯菌(ミュータンス菌)が食べ物に含まれる糖質をエサにして酸をつくります。
歯の表面は中性ですが、むし歯菌のつくった酸により酸性に変化します。酸の作用により、時間の経過とともに歯の表面のエナメル質からカルシウムやリンなどのミネラルが唾液中に溶け出します。これを「脱灰」といいます。
やがて唾液などにより酸が洗い流されたり中和されたりして、歯垢の中は中性に近い状態に戻ります。エナメル質から唾液中に溶け出したミネラルは再び歯に取り込まれて沈着します。これを「再石灰化」といいます。
お口の中は、この脱灰と再石灰化が日々繰り返しおこなわれています。
このミネラルが溶け出す酸性の状態が続くと、歯に穴が開いてむし歯になってしまうのです。「間食をするとむし歯になりやすい」といわれるのは、歯垢の中が酸性になっている時間が長くなるからなのです。

つまり、「ダラダラ喰い」を控えることが大切です!
長時間かけてだらだら食べると、口の中はいつもミュータンス菌が酸をつくり続けていることになります。時間を決めて規則正しく間食を楽しむようにしましょう。食べたらすぐに歯磨きの習慣も忘れずに。。( ˊᵕˋ )

正しい食事の取り方で虫歯のリスクを抑え、食欲の秋も楽しみたいですね(*^^*)

ページを見る

お口の健康マニュアル

2018年10月15日

こんにちは 受付の矢島です。

ここ数日冷え込みますが、体調崩されていませんか。

先日衛生士の横山さんから、『お口の健康マニュアル』という小冊子をいただきました。

虫歯のメカニズムや、虫歯にならないために気をつけることなどが載っていました。

イラストもたくさんあり、とても分かりやすかったです(^^)

それによると、酸性度が高い飲み物も歯が溶けやすいので気を付けた方が良いそうです。

私の好きな野菜ジュースも、意外と酸性度が高くて驚きました。

ジュースを飲んだだけでも、歯磨きを心がけようと思います(´ー`)

雨の日が多いのでご来院の際は気を付けてお越しください。

ページを見る

セミナーに参加しました

2018年10月4日



こんにちは(^o^)

昨日は渡邉先生の所属されてる勉強会へスタッフ、Dr.と参加させていただきました。

演者の牧野明先生は

富山県高岡市でご開業されており

日本歯周病学会 歯周病専門医・指導医。

日本臨床歯周病学会指導医・歯周インプラント指導医でもあります。

私たち衛生士の主である歯周病治療を

『基本治療で治す!!!』という目から鱗な情報や知識を得ることができ、スタッフのモチベーションが上がる会でした

ちなみに昨日は牧野先生のお誕生日でした👏

おめでとうございます㊗️

 

 

 

 

 

 

 

 

ページを見る

10月の勉強会

2018年10月4日

こんにちは、歯科衛生士の南です。

最近すっかり肌寒くなってきましたね。皆様気候の変化で体調など崩されていませんか?体調を崩すと口のなかの状態も悪くなりやすいので手洗いうがい、そして歯磨きもしっかりやっていきましょう(^^)

先日、月に一回の勉強会がありました。

ここでは毎月担当しているプロジェクトの進捗状況を報告しあったり、先月行った未來年表を達成するための目標立てなどをしました。

 

スタッフ全員が真剣に目標をきめました!日々の診療に生かしていきたいです。

 

☆おまけ☆

今月誕生日のスタッフです(^-^)/

渡邉院長からプレゼントを頂きました!

美味しいケーキもみんなで食べました(^-^)/

 

ページを見る

パウダーメインテナンス

2018年10月1日

こんにちは、歯科衛生士の氏家です。

昨日の台風、凄かったですね。今朝の通勤に影響が出てしまった方も多いのではないでしょうか?

さて、当医院では着色汚れを取る専用のクリーニングメニューがあります。コーヒーや紅茶、赤ワイン、タバコのヤニなどの着色汚れを、粉とお水を噴霧する専用の機械で落とします。

日頃よく使う機械をなのですが、もっとよりよいクリーニングができたらと思い、先月パウダーメインテナンスセミナーに参加してきました。実習も含んだセミナーだったので、より深い知識と技術を知ることができたと思います。

 

着色汚れを取るクリーニング、ご興味ある方はお気軽にお問い合わせください。

 

ページを見る

セミナーに参加しました!

2018年09月26日

こんにちは。少しずつ寒くなってきましたが、皆様体調はいかがでしょうか?

先月、歯科衛生士宮木と椎名で、
村上伸也先生による
「ユーロペリオで発表されたガイドラインの見直しの報告」の勉強会に参加させて頂きました。
内容はもちろん、
幅広い歴の歯科衛生士と意見交換を行ったので、大変刺激となる勉強会でした!
改めて歯周病について理解を深めることもできましたので、是非今後の診療に活かしていきたいと思っています。(^^)

ページを見る

1234...1020...

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私達にお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • 初診web予約
  • web予約
  • メール相談

電話での問い合わせ

045-423-4182

医院の住所

〒221-0002 横浜市神奈川区大口通 138-9

診療時間
9:00 ~ 18:00
  • ※受付時間は終了の30分前
  • ※土曜日は17:00まで
  • ※お昼の時間帯も休まず診療しております。

このページの先頭に戻る