横浜市/大口駅1分の歯医者「ティースホワイト横浜すずき歯科医院」|高度医療を実践。評判・口コミ多数!

診療時間
9:00 ~ 18:00
  • ※受付時間は終了の30分前
  • ※土曜日は17:00まで
  • ※お昼の時間帯も休まず診療しております。

大口駅西口 徒歩1分

045-423-4182

キービジュアル

キービジュアル

たばこ

2015年08月26日

本日 読売新聞に たばこ の害についての記事がありました。 私も20代にやめて20年以上たちますが、 ご自身の大切な周りの人のためにも禁煙しましょう!

ページを見る

診察券変わりました☆

2015年08月25日

こんにちは
受付の石川です。

診察券がペーパータイプから磁気カードに変わりました
ご来院時に今までの診察券と交換させて頂きますのでよろしくお願いします

シールを張ったり、ペンで記入しますと機械が読み込まなくなる恐れがございますので、ご遠慮ください
お願い致します

ページを見る

サイナスリフト

2015年08月13日

みなさんこんにちは✨
歯科衛生士の武井です。

先日、当院で先生2人と麻酔科の先生と私でサイナスリフトのopeを行いました。

サイナスリフトとは上顎骨の内部には上顎洞と呼ばれる大きな空洞が存在します。この空洞は様々な要因がきっかけとなり、拡大する傾向を持っています。さらに、歯がなくなると歯槽骨も吸収しますので、上顎においては歯槽骨側と上顎洞側から骨吸収が進行することも少なくないのです。そこで、膨らんできた上顎洞に移植骨や骨補填材、最近ではインプラント本体の一部を挿入して、上顎洞の底部分を押し上げる技術が開発されました。これがサイナスリフトです。

この処置を行う事により今まで骨がなくインプラントができなかった人でもできるようになります。

気になる方は是非一度お声かけください✨

ページを見る

販売品のディスプレイ☆☆

2015年08月12日

こんにちは
受付の石川です

販売品のディスプレイを新設しました。
よろしかったら、ご来院の際ご覧ください

ページを見る

着色について♪

2015年08月11日

こんにちは♪
受付の小森です。

今日は歯の着色についてお話ししたいとおもいます(^ ^)
すべての歯の着色は、タバコ、コーヒー、紅茶、スパイスを使った料理などの外的要因によって引き起こされるわけではありません。

ほとんどの着色は、口腔内のお手入れが不十分なことが原因だと言われています。
歯の組織の表面が粗い方は特に適切なお手入れを怠ると、きれいで滑らかな表面に比べてよごれがつきやすくなります。

着色防止のためには、毎日の丁寧な歯磨きが大切です。つるつるで白い歯を目指しましょう(^ ^)

ページを見る

よく噛むこと☆

2015年08月11日

まだまだ暑い日が続いていますね(>_<)

熱中症や、夏バテなど体調を崩されてはいませんか??
しっかり水分と栄養を補給して暑い夏を乗り越えましょう!!(^^)

さて、皆さんは『ひみこのはがいーぜ』という言葉を聞いたことはありますか??

これは、よく噛むことの効用を説明している標語です。
現代人は、一回の食事に11分かけ約620回噛んでいると言われています。
しかし、卑弥呼のいた弥生時代の人々は、一回の食事に51分かけ約3990回噛んでいたそうです。

時代と共に柔らかい食事に移り変わっているなかで昔ほど噛まなくなってきた今日、よく噛むことの大切さを表している言葉なので紹介させて頂きます(^.^)

☆ひ:肥満予防(満腹中枢が働く)
☆み:味覚の発達(食べ物の味がよくわかる)
☆こ:言葉の発音がハッキリする(顔や口回りの筋肉が発達する)
☆の:脳の発達(脳細胞に働きかける)
☆は:歯の病気の予防(唾液が沢山でる)
☆が:ガン予防(唾液が発ガン物質を消す)
☆い:胃腸の働きを促進(消化酵素分泌)
ぜ:全身の体力向上と全力投球(力を出すときに歯をくいしばる)

よく噛むことは身体にとって、とても良いことなので皆さんもよく噛んで健康を手にいれましょう\(^^)/

ページを見る

歯の服

2015年08月10日

当医院は、お盆休みなく診療して おります。本日も歯の柄の服を着た 小学生の女の子が、来院いたしました。かわいいね!

ページを見る

土谷 和子 先生

2015年08月6日

日本一有名な衛生士 土谷 和子先生に診療所に 来ていただき プライベートレッスンをして頂きました。さらに質の高い 治療を提供できるように さらなる努力していきたいと思います。

ページを見る

仕上げ磨きのあとに確認してほしいこと☆

2015年08月3日

こんにちは。歯科衛生士の富岡です。
毎日、暑い日が続いていますね…みなさん、体調の方は大丈夫でしょうか?
夏休みに入り、当医院にはたくさん子どもが来院しています。

私にも4才になる息子が居るので、同じくらいの子を見ると微笑ましく思います。

さて、毎日、息子の仕上げ磨きをしていて気になる事が1つあります。それは上唇小帯が太い事です。
上唇小帯とは上唇と歯茎をつなぎ、上の前歯の中央部にある「すじ」の事を言います。

上唇小帯が太い事によって、永久歯の前歯の歯と歯の間に入り込み前歯に隙間を作ってしまい、
すきっ歯の状態になり歯並びを悪くします。

上の前歯が永久歯に萌え替わってってからも、歯と歯の間に入り込んでいて歯並びに影響が出る様な時
は切除する場合があります。

こんな話を聞くと不安になる親御さんもいらっしゃるかと思いますが、
年齢とともに顎が成長し細く短くなっていきます。
また自然に切れてしまう事も多いので前歯が乳歯の時期は様子を見るのが良いでしょう。

お子さんの仕上げ磨きの時に上唇や舌下にあるすじもチェックをして頂き、気になる様でしたらぜひご相談ください。

ページを見る

1

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私達にお話しして頂けたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • 初診web予約
  • web予約
  • メール相談

電話での問い合わせ

045-423-4182

医院の住所

〒221-0002 横浜市神奈川区大口通 138-9

診療時間
9:00 ~ 18:00
  • ※受付時間は終了の30分前
  • ※土曜日は17:00まで
  • ※お昼の時間帯も休まず診療しております。

このページの先頭に戻る