安い部分矯正(10万円~)/プレオルソ・床矯正|すずき歯科医院|横浜市・大口駅1分の歯医者

診療時間
9:00 ~ 18:00
  • ※受付時間は終了の30分前
  • ※土曜日は17:00まで
  • ※お昼の時間帯も休まず診療しております。

大口駅西口 徒歩1分

045-423-4182

メイン画像

・矯正装置が「目立たない矯正」
・前歯だけの「部分矯正」:¥10万円〜
・後戻りしてしまった方向けの
後戻り矯正」
・子供の歯並びを
非抜歯で改善する矯正」

上記のような患者様のニーズに合わせた
矯正治療を実施。

レーザーを利用した歯質強化、
殺菌水を利用した虫歯・歯周病予防など、
治療中、虫歯・歯周病にならないための
システムが確立
されています。

患者様のニーズに合わせた様々な矯正をご用意

出来るだけ「目立たないで」矯正治療をしたい、「部分的」に歯並びを改善したい、一度矯正治療をしたが後戻りしてしまった、結婚式までに歯並びを整えたい、子供の歯並びを低価格で改善したいなどのお声を良く聞きます。そのご要望に応える矯正治療を当院では行っています。

セファロ

当院には矯正治療専門の「セファロ」を導入しております。セファロはレントゲンの一種ですが、普通のレントゲンが歯の全体・上下の顎の画像を撮るのに対し、頭部全体を正面と横から撮影できるため、どのように歯を動かしていくのか、どのように歯が動いたかを数値的に知ることができます。つまり、セファロで詳細な情報を知ることで、より安全かつ確実な治療を行うことにつながります。

次節から「成人矯正」と「小児矯正」に関して当院の矯正治療の特徴をご紹介させていただきますので、下記の興味のある項目のボタンを押し、ご覧ください。

成人矯正のお話し

矯正治療を望まれる成人の方からよくご相談を受けるのは「仕事をしているので、できれば目立たない矯正装置を付けたい」「部分的に矯正したい」「後戻りしてしまった歯を低価格/短期間で治療したい」「結婚式や就活までに歯を綺麗にしておきたい」などです。これらのご要望に対して当院では何ができるのかをこれからお伝えいたします。

ご要望1:可能な限り「目立たない」装置をつけたい!

矯正治療というと、「ギラギラした矯正装置」をイメージされる方が多いと思います。
もちろんそのような装置もありますが、最近では治療中の見た目を意識した矯正装置が数多く開発されています。

当院の矯正装置は「歯の表側」につける装置となりますが、金属部分を半透明の素材に変えた装置を利用しています。基本的に四角いブラケットと呼ばれる装置は半透明の素材で、ワイヤー部分は金属ですが、このワイヤー部分も目立たない白色のワイヤーにすることもできます。

  • ブラケット
  • ワイヤー

ご要望2:すきっ歯、出っ歯など部分的に治療したい!-部分矯正(低価格

前歯2本だけ、すきっ歯の部分だけ、出っ歯だけ等、ご希望に応じて柔軟に対応可能です。

利用する装置、治療時間などが本格的な矯正と異なるため、部分矯正では低コストで治療が可能になります。また、あくまで「部分的」に歯を動かしますので、その分、治療期間も短縮(数か月で終了)されます。

しかし、歯並びの状態によっては、「部分矯正は難しいので全体的な矯正をお勧めいたします。」とお伝えすることもございます。まずはお口を拝見しないことには何ともお伝えできませんので、お気軽にご相談ください。

ご要望3:治療後、「後戻り」してしまった状態を改善

ドクター

せっかく矯正治療を受けたのに何年か経ったら歯並びが乱れてきてしまったという話を耳にすることがあります。決して安くない治療費と、決して短くはない期間をかけて歯列矯正をしたのに、その結果が長期間維持できないというのでは困ります。

後戻りが生じる要因としては、「不正咬合の原因が残っている場合」、「不十分な矯正歯科治療」、「不十分な保定」などが挙げられます。

当院では、以前どこかの医院で矯正治療をしたが、後戻りしてしまった方に対して、「後戻り矯正」を実施しております。再度矯正する場合、患者様は「また高額な費用が掛かってしまう……」「また長期間の治療を我慢しなければならない……」などをイメージされるかと思います。

しかし、「歯並びを綺麗にしたい!!という心からの想いで矯正治療を決心されたのに、何らかの理由でそれが達成することができなくなってしまった方に、再度、高額な治療費、長期間の治療という負担を負わせたくない」という担当医の想いから、「短期間」、かつ「お手頃価格」で後戻り矯正を当院では実施しております。まずはお問合せください。

下記の症例は当院で行った後戻りを改善した症例になります。

小児矯正のお話し

「矯正治療後に歯並びが徐々に崩れてきた……
このような経験をされた親御さんも多いかと思います。

院長2

生身体原理として、これまでと違うことをした際身体は元の状態に戻すような力が働きますので、これはある種当然のことです。
それを防ぐため、矯正治療後には「保定装置(リテーナー)」と呼ばれる装置をつけます。これは動いた状態を身体に覚えこませるために装着します。
一定期間装着すると、新しい歯並びを身体は正常な状態と認識しますので、後戻りの力は弱まっていきます。

しかし、よく考えてみてください。
悪い歯並びを力技で整え、そして強制的にこれが正常だと身体に認識させる行為。
これは「根本的な治療法」ですか?

違いますよね。

歯並びが悪くなる原因を探り、改善することで、もっとスムーズに歯を移動させることができ、治療後の後戻りの可能性を最小限(後戻り防止)にできるのです。

これは当然のことです。悪くしている原因を取り除けば、正常な状態に戻ろうとするのが身体ですので。

訓練

大人になってしまうと、骨格が定まってしまいますので、どうしてもワイヤーを利用して歯並びを力技で移動させる必要があるのですが、子供の場合、まだ成長途中ですので、力業ではなく、歯並びが悪くなってしまう状態を改善してあげることで、自然に歯並びが整いやすくなりますし、かつ、後戻りもしにくくなります。

そこで当院では、最初から装置を付けるのではなく(成長段階により最初から装置を付けることもあります)、歯並びが悪くなる習慣を様々なトレーニングを通して改善していく取り組みを行っています。
専門的にはMFT(筋機能訓練)と言います。

トレーニングと併用する装置のご紹介

歯並びの改善トレーニングだけでは難しい場合、装置を使うことになります。当院では「プレオルソ」「床矯正」など、取り外し可能で、歯の表面に金属の装置を付けないものをご紹介させていただいております。

それぞれの特徴は下記からご確認ください。

名称 床矯正 プレオルソ
画像 床矯正 プレオルソ
特徴 歯を適切に並ばせるために、主に顎を拡大させることに焦点を当てた装置になります。 噛み合わせ、歯並びを改善すると同時に歯並びに悪影響を与える「口呼吸から鼻呼吸へ」と改善させます。
取り外し 可能 可能
装着時間(1日) 14時間以上 就寝時と昼間1時間
非抜歯※ 可能 可能
見た目 若干目立つ 目立つ

矯正装置「プレオルソ」とは?

院長3

最近は患者様から「プレオルソ」のニーズが高まっていますので、特長をご紹介します。「
プレオルソ」とは、プレオルソという「マウスピース型矯正装置」を使い、小児(4歳から9歳ぐらいまで)の歯並びを改善する装置です。

この装置の特徴は「歯を直接動かす」のではなく、歯並びを悪くしている原因(口の周りの筋肉)を改善することで「間接的に歯並びを改善」していくことです。

歯は適当に生え並んでいくのではなく、「舌・頬・唇の筋肉」のバランスに合わせて並んでいきます。

つまり、この口周りの筋肉のバランスが悪ければ歯並びは悪くなり、バランスが良ければ理想の位置に自然と並んでいくのです。

プレオルソは、お口に入れることで自然と口周りの筋肉を訓練しバランスを調整してくれますので、結果、歯が正しい位置に並んでいくことになります。

プレオルソは様々な症例に適用でき、下記のような症例には専用の装置もあります。

また、プレオルソにはこれまでの矯正装置にはなかった特徴があります。
それぞれご紹介します。

特徴1取り外しできるため、お子さんへの負担が少ない

一般的な固定式の装置は、違和感や痛みが強くなります。取り外しのできるプレオルソは、違和感と痛みが最小限になります。また、取り外しできるため、一般の装置と比べお口のケアがしっかりとできますので、虫歯の心配も少なくなります。

特徴2装着は「日中1時間」と「就寝時」のみ

日中1時間就寝時のみの装着となりますので、装置を学校へ持っていく必要もなく、日常生活への影響がほとんどありません。

特徴3治療後、後戻りしにくい

「歯並びが悪くなる原因」を根本から取り除く治療となりますので、治療終了後の後戻りの可能性が低くなります。

特徴4将来的な費用をおさえることができる

プレオルソ治療終了後は、お口の環境が整いますので、新しく矯正治療が必要となった場合でも、治療の期間が短くなる、良い効果が期待できるなどの効果があります。
そのため、成人になってから矯正を始めるよりも、矯正にかかる費用を抑えることができます。

矯正治療を始める時期は?

院長3

「子どもの矯正治療はいつごろ始めると良いですか?」

このようなご質問をよく親御さんから受けます。
私はいつも次のようにお伝えしています。

最適な治療開始時期は、お子様の状態によって違います。治療するしないにかかわらず、まずは早い段階でお口の状態を拝見させてください

よく、「一般的には○歳~○歳の間が治療を開始するのが適切」といった情報がありますが、これはあくまで「一般的には」というものであり、実際はそれぞれのお子様にベストな治療開始時期があり、○歳からと一概には言えません。

お子様のお口の中を拝見し、適切な診査診断をすることで、今後、お口の中がどのように変化していくか、そしてその変化は適切なものか、適切な変化でなければ、いつ、どのような装置を利用して治療をしていくのかがを予測することができます。

矯正の相談に行く=治療しなければならない」ではなく、

子どもの口の成長の変化は適切かどうかを聞きに行く

このような意識で、うまく歯科医院を利用していただければと思っております。

また、下記のような症状がある場合は「歯並びの異常を知らせるサイン」ですので、一度ご相談いただきたいと思います。

サイン1乳歯と乳歯の間に隙間がない
サイン2話し方がおかしい・かつ舌が悪い
サイン3口での呼吸が多い
サイン4顔の左右のバランスが悪い

また、子どものうちに矯正治療をしておくことで次のようなメリットがあります

メリット1抜歯矯正の可能性が高まります

非抜歯

子どもの矯正治療では、歯を抜かないことが大原則になります。子どものアゴの骨は柔らかいため、柔軟に広げることができ、歯を並べるスペースを確保することができます。その結果、ブラケットを付ける仕上げの治療が必要になった場合であっても、歯を抜かずに治療する可能性が高くなります。

メリット2理的コンプレックスから解放されます

非抜歯

多感な思春期に入ると、歯並びや口元のコンプレックスを持つことが多くなります。人前で笑わないようになったり、歯並びが原因であだ名をつけられ、傷つくようになることも少なくありません。 そのようなお子様の場合には、矯正治療によって早期にコンプレックスを改善させることで、健全な学校生活を送れるようになります。

メリット3貌をコントロールできます

皆様が思われているより、歯並びと顔の形の関係性は高く、歯並びを改善させることでいわゆる「かっこいい」「綺麗」な顔貌への誘導が可能になります。

メリット4歯や歯肉炎の予防となります

笑顔

生えたての永久歯は乳歯より大きいため、デコボコした歯並びになりがちです。つまり、歯磨き出しにくいお口の環境になります。そのまま放置しておくと、永久歯と言えども、当分の間は堅さが十分でないために虫歯になりやすくなります。そこで、歯並びを改善し、歯磨きがしやすい環境を作ることで虫歯や歯肉炎の予防になります。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私達にお話しして頂けたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • 初診web予約
  • web予約
  • メール相談

電話での問い合わせ

045-423-4182

医院の住所

〒221-0002 横浜市神奈川区大口通 138-9

診療時間
9:00 ~ 18:00
  • ※受付時間は終了の30分前
  • ※土曜日は17:00まで
  • ※お昼の時間帯も休まず診療しております。

このページの先頭に戻る