チーム医療|すずき歯科医院|横浜市・大口駅1分の歯医者

診療時間
9:00 ~ 18:00
  • ※受付時間は終了の30分前
  • ※土曜日は17:00まで
  • ※お昼の時間帯も休まず診療しております。

大口駅西口 徒歩1分

045-423-4182

メイン画像

人ひとりの力には「限界」があります。
まずはこの認識が大切だと考えます。

しかし、各分野に特化した
複数の専門家が集まることで、
足りない部分を補い合い、
より精度の高い治療が可能になります。

当院では、下記の専門家が集っています。

歯髄温存療法の専門家:神経を残す匠
歯周病認定医:歯周病治療の匠
麻酔専門医:歯科麻酔の匠
口腔外科の専門家:インプラント・抜歯の匠
根管治療の専門家:歯の根の治療の匠

各分野の専門家をご紹介

当院に集う専門家をご紹介します。

【歯髄温存療法の専門家|歯の神経を守る治療】

  • 渡辺
  • 資格

歯髄温存療法とは、通常であれば歯の神経を除去しなければならない状況でも可能な限り神経を残す処置のことを言います。当院ではドックスベストセメントというものを利用し、神経を残す処置を行っています。この治療法の監督を務めるドクターはドックベスト療法認定医を保有しています。

【歯周病認定医】

榎本

歯周病認定医とは、日本歯周病学会が認定する資格となります。矯正治療と同様、歯周病治療は専門の資格がなくとも治療はできます。しかし、歯周病治療は非常に専門的な治療となりますので、当院では有資格者による施術、そして有資格者監督のもと処置を行っています。

その他、歯科医師だけでなく「歯科衛生士」にも専門資格があり、当院ではその資格を複数の歯科衛生士が保有しています。資格は「日本臨床歯周病学会 認定衛生士」です。歯周病治療に関してのプロフェッショナルです。試験を通過したものだけが付与される資格となります。

  • a
  • b

【麻酔専門医】宮地 建次

麻酔専門医とは、日本歯科麻酔学会が認定する資格になります。基本的な麻酔は担当ドクターが担当しますが、静脈内鎮静法など、特殊な麻酔を要する治療の場合は、専門の人間が麻酔を担当しますので、安心して治療を受けていただけます。

平成11年08月 日本歯科麻酔学会認定医取得 第768号
平成12年03月 東京歯科大学大学院歯学研究科(歯科麻酔学専攻)修了
平成12年04月 東京大学医学部附属病院医科麻酔研修(翌5月まで)
平成12年09月 博士(歯学)学位受領(東京歯科大学)
平成13年06月 東鈴ビル歯科クリニック 勤務医(平成18年2月退職)
平成18年03月 歯科診療室新宿NS 副院長
平成23年06月 日本歯科麻酔学会専門医取得 第279号
平成23年07月 東京歯科大学市川総合病院麻酔科 医科麻酔研修(翌年3月まで)
平成24年11月 国家公務員共済組合連合会 立川病院麻酔科(非常勤,口腔外科担当)
平成25年04月 東京歯科大学歯科麻酔学講座 非常勤講師 臨床歯科麻酔勉強会CDAC主催

【口腔外科の認定医|インプラント・抜歯の匠】

金子

口腔外科認定医とは、日本口腔外科学会が認定する資格となります。口腔外科治療は専門の資格がなくとも治療はできます。しかし、インプラントや抜歯などは非常に専門的な治療となりますので、当院では有資格者による施術、そして有資格者監督のもと処置を行っています。

【根管治療の専門家】

上田

根管治療の成功率は約50%と言われていますが、専門家が、専門機材・材料を利用することでその成功率は格段に上昇します。また他のドクターも根管治療専門家のもと研鑽をしておりますので当院ではクオリティの高い治療が可能になっています。

私たちが考える「チーム医療」

集合

私たちが考えるチーム医療には2つの意味があります。
1つは、各分野の専門家が集まり、高いレベルの治療を患者様にご提供すること。
これに関しては上記のメンバーをご覧いただければ分かると思います。

2つ目は、質の高い治療をチームでご提供するとともに、その質を維持させるための院内体制を構築し、かつ、現場で働くスタッフ全員が医院理念を心から共有できている風土です。

これを実現させるために当院が行っていることをご紹介します。

「質の高い治療」をチームでご提供するために

歯科医療は歯科医師の能力がいくら高くても患者様に「満足」していただく治療はご提供できません。歯科医師の他、歯科衛生士、歯科助手、受付それぞれが役割を果たすことで初めて患者様に満足していただける高度な歯科医療サービスのご提供が可能になります。

「歯科医師・歯科衛生士」が目指すべき役割

  • ドクター集合
  • 歯科衛生士集合

歯科医師・歯科衛生士が目指すべき役割は、「治療技術」と「患者様の本当の気持ちを察する心」です。まず「治療技術」のお話します。

歯科技術は日進月歩の世界です。日々、新しいものが生まれています。このような状況で、昔ながらの材料・技術にとらわれていたら進歩はありませんし、患者様に対してもより良い治療はできません。

なにも、昔のものはダメと言うつもりはありません。
良いと感じたものは、昔のものでも、新しいものでもしっかりと検証した上で積極的に取り入れる姿勢が大切だという事です。そのためには、様々な文献を読み、勉強会などに参加し、常に情報を取り入れる姿勢を忘れてはいけないと考えています。

次に、「患者様の本当の気持ちを察する」ことに関してお話しします。

昔の医療では、治療する側が上で、患者様が下という暗黙の関係がありました。
これでは、患者様の意向が反映されず、術者による独りよがりの治療に終始することになってしまいます。

これではいけません。

治療する側、治療を受ける側という関係はありますが、あくまで「人と人の関係」。
つまり、対等な関係です。この姿勢を私達から患者様に伝わるように体現し、患者様が本音(意向)を伝えやすい環境を作ることが何よりも大切と考えます。

「歯科助手・受付」が目指すべき役割

  • 助手集合
  • 受付集合

歯科助手・受付が目指すべき役割は、「おもてなしの心」をもって患者様に接することです。

歯科医療は、「治療」が全てではありません。 まずは受付を通り、診療室に案内され、治療を行い、笑顔で帰っていただく。 この一連の流れ全てが歯科医療です。どれが欠けても患者様に満足していただける歯科医療は 成立しません。

歯科医師・歯科衛生士が十分に行うことが出来ない部分を適切にサポートし、かつ、患者様に「ここに来てよかった」と感じていただくことが歯科助手・受付の役割です。

どの歯科医院にも「歯科助手」「受付」の方はいらっしゃいます。 そして皆様それぞれの役割を果たしています。しかし、なかなか「この医院に来てよかった~」「対応に感動した~」というご経験をされたことがある患者様は少ないのではないでしょうか。

数ある歯科医院の中から当院を選択していただき、そして時間を割いてまでお越しいただけている。 そのような患者様に「心地よく治療を受けていただき、笑顔で帰っていただきたい」。

そのために出来る事は「感謝の気持ち」と「おもてなしの心」を常に持ち、「行動」で示すことです。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私達にお話しして頂けたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • 初診web予約
  • web予約
  • メール相談

電話での問い合わせ

045-423-4182

医院の住所

〒221-0002 横浜市神奈川区大口通 138-9

診療時間
9:00 ~ 18:00
  • ※受付時間は終了の30分前
  • ※土曜日は17:00まで
  • ※お昼の時間帯も休まず診療しております。

このページの先頭に戻る