横浜市/大口駅1分の歯医者「ティースホワイト横浜デンタルクリニック」|高度医療を実践。評判・口コミ多数!

診療時間
9:00 ~ 18:00
  • ※受付時間は終了の30分前
  • ※土曜日は17:00まで
  • ※お昼の時間帯も休まず診療しております。

大口駅西口 徒歩1分 駐車場2台分有り

045-423-4182

0120-780-469

キービジュアル

キービジュアル

「酸蝕歯」について

2021年05月22日

「歯の酸蝕(さんしょく)」とは

歯の表面を被っているエナメル質が強い酸に触れて化学反応を起こし分解し、溶けてしまうことを言います。
エナメル質が溶けてしまうと、その下にある軟らかい象牙質が、食べものを噛んだり歯みがきをしたりする時の摩擦でどんどんすり減ってしまいます。こうした状態を放っておくと、冷たいものがしみる知覚過敏症になったり、虫歯が進行したり、さまざまなトラブルを引き起こすことになります。

 

酸蝕歯の特徴

・知覚過敏で冷たいものがしみる
・歯全体が丸みを帯びる

・歯の厚さが以前よりも薄くなる
・エナメル質が濁って見えたり、内部の象牙質が透けて見えたりする
・前歯の表面がスベスベしてツヤがある
・前歯の先端部分が欠けてしまう

・歯の咬み合わせがすり減りやすく平らになる

酸を含む「酸っぱい味がするもの」が、歯にダメージを与えやすい食べ物と考えられます。

 

▪ 酸蝕症を防ぐためには、
①酸性の飲食物を口にした後は水で口をゆすぐ
②酸性飲食物をだらだら食べたり飲んだりしない
③寝る前には酸性の飲食物を控える

といった対策が必要です。

炭酸飲料や柑橘系も注意が必要です。

 

定期的な検診でいち早く変化に気づき予防したいものですね。

 

「酸蝕歯」についてはYahoo!の記事はこちら

 

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私達にお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • 初診web予約
  • web予約
  • メール相談

電話での問い合わせ

045-423-4182

0120-780-469

▲初めての方はこちらにお電話お願いします。

医院の住所

〒221-0002 横浜市神奈川区大口通 138-9

診療時間
9:00 ~ 18:00
  • ※受付時間は終了の30分前
  • ※土曜日は17:00まで
  • ※お昼の時間帯も休まず診療しております。

このページの先頭に戻る