セレック



すずき歯科医院 セレック 理想の歯科修復素材であるセラミックの 良さを全て生かせるスピード治療
セレック

セラミックについて

セレック

セラミックは、限りなく自然の歯の色に近い人工歯の素材です。「銀歯があるから、思いきり笑えない」というお悩みからセラミックを選択される方が増えていますが、セラミックの利点は見た目の美しさと自然さだけでなく、硬さなども天然歯に近く、耐久性、機能性にも優れていることです。

歯と同じ硬さ
天然の歯でも食事などで自然にすり減っていきます。金属やレジン(プラスチック)、セラミックも同様にすり減りますが、セラミックは天然の歯と同じ硬さです。

硬さが違うと、接着した箇所を境にすり減って段差ができてしまいます。この段差から隙間ができ、内部に菌が侵入して、歯みがきなどで取り去ることができないため、見えない部分でむし歯が進行していくことにつながります。

金属は歯より硬いので歯の方が早くすり減り、レジンは歯よりも柔らかいためレジンが減っていき、それぞれ段差ができますが、セラミックは歯と同じようにすり減るため段差ができにくい素材です。
金属アレルギーの心配がありません
セラミックは陶器なので、金属アレルギーの方でも安心です。アレルギーはそれまで大丈夫だったのに、ある日突然金属アレルギーになることがあるので、注意が必要です。また、金属は熱をを通しやすく、冷たいものや熱いもので神経を刺激します。刺激から神経がいたくなる可能性があります。
接着剤の問題
金属は熱によって膨張・収縮します。金属を付けている接着剤はその膨張と収縮に絶えずさらされることで、ボロボロになっていきます。セラミックは天然歯と膨張係数も同じなので、接着剤にストレスがかからず、接着剤の効果が長持ちします。
金属は唾液などにより劣化します
金属という素材自体、唾液などでボロボロになりやすい性質を持っています。ただし、かなり劣化していても外れないため、見えない部分でむし歯が進行してしまうケースがとても多いのです。患者さまが「今日取れてしまった」と持っていらしても、中は相当ひどいむし歯になっていることは珍しくありません。むし歯治療を繰り返すと、歯はどんどん失われていって、ある時、これ以上削れないから抜きましょうとなってしまいます。

セラミックの場合、接着力がなくなるとすぐに取れてしまいますので、殺菌してほんの少し治療し、同じものを詰めておくことができる場合が多く、取れてすぐであればほとんど削らないですみます。
レジンとの違い
レジンは歯科用の樹脂(プラスチック)です。吸水性があり、コーヒーなどの着色汚れが付きやすいのですが、吸収するのは色だけではありません。さまざまな菌も汚れも付着してしまい、入ってしまうのです。そのためレジンの詰め物自体が菌の温床になってしまい、歯みがきをかなりきちんとされていてもレジンに覆われた下の部分でむし歯が進行してしまうことが多くなります。

セラミックの良さを最大限引き出すセレック

セレック

セレックは、インレー(詰め物)治療に伴うデメリットを解消したセラミック治療です。

セレックの治療は、むし歯部分を削ってきれいにしたら、お口の中をカメラで読み込むことからスタートします。その3Dデータを基にコンピューターを使ってインレーを設計し、ムラなく均一に作られた高品質のセラミックブロックを機械が設計通りに削ります。あとはかみ合わせなどの微調整を行って接着となります。

1時間半で治療が完了
従来は、お口の中の型をとって石膏で模型を作り、それに合わせて技工士さんが詰め物を作っていました。模型を作って詰め物ができるまでに1~2週間かかっていましたが、セレックでは、この段階をカメラとコンピューターが全て行うため、治療の全てが1時間半で完了します。
菌が入るリスクを大幅に抑えることが可能
今まで、詰め物ができる1~2週間は、仮のものでフタをしていました。仮のものはすぐ取れるようにできていますので隙間だらけです。実は削りたてはとてもきれいなのに、その時間があることで汚れや細菌が削った部分に入り込んでしまうのです。かといって仮の物を外して詰め物を入れる前にもう一度削ってきれいにしたら、肝心の詰め物が合わなくなってしまいます。これまでの治療では、歯ブラシなどのケアをどんなに頑張っても、菌が入るリスクをゼロにできなかったのです。

セレックの治療は1時間半で完了しますので、きれいな歯に詰め物を入れることができます。そのため、見えない部分がむし歯になるリスクを大幅に抑えることが可能です。
接着剤の効果を最大に引き出します
詰め物をつける接着剤は、きれいな歯につくようにできています。そのため、きれいに削ってから時間が経っていると接着力が少しですが落ちてしまいます。それで取れやすくなりますし、隙間から細菌も入りやすくなります。セレックであれば、きれいな歯に詰め物を装着できますので、その効果を最大に引き出すことができます。
高品質でCEREC Blocsは信頼できるマテリアルです。
CEREC Blocsは、微細構造の長石系セラミックを原材料とし、インレー、アンレー、ベニア、クラウンを製作することが可能です。CEREC Blocsは研磨しやすく、天然エナメル質と同程度の対摩耗性を有し、歯質に優しい修復材料です。また、ハイレベルな半透明性によって得られる優れたカメレオン効果によって隣接歯、残存歯質になじみます。臨床追跡データでは10年後の残存率は90%を超えるゴールド並みの優れた成績を有する信頼できるマテリアルです。

セレック治療の流れ

セレック

1回のご来院で治療完了。削って詰めるまでおよそ1時間半です。

1.むし歯部分を削ってきれいにしたら、お口の中をカメラで読み込みます。所要時間はおよそ30分です。

2.データを機械に読み込んで歯の形に合わせて詰め物を設計し、その設計通りにコンピューターがセラミックブロックを削ります。所要時間はおよそ30分です。この間、患者さまには待合室でお待ちいただきます。

3.仕上がった詰め物を患者さまのお口に入れて、かみ合わせなどの細かい微調整を行ってから接着します。所要時間はおよそ30分です。

アクセス


詳しいアクセスを見る〒221-0002
横浜市神奈川区大口通 138-9

■最寄駅
JR横浜線 大口駅
(横浜駅より2つ目)
大口駅西口より徒歩1分

詳しくはこちら