インプラント治療について



インプラント担当の先生です


Dr 渡邉
日本顎咬合学会所属
日本口腔インプラント学会所属
初めまして渡邉です。すずき歯科でインプラント治療を担当させて頂いております。当院のインプラント治療の特徴は安全満足に重点を置いています。


□■安全■□ 
~前提として~
院内は衛生管理を徹底しています
インプラントの治療は歯科治療の中でも特に外科手術に近く、安全面も十分に考慮し、手術室と同じように衛生管理を徹底した治療室で行うべきだと考えています。
完全に滅菌した治療器具を使うだけでなく、大型空気清浄器を設置した院内の空気清浄や患者さまが履かれるスリッパなども衛生的に管理しています。

①CT完備

近年はCTを撮影することは当たり前になってきておりますが、CTを完備している診療所はそう多くはありません。診療所にCTがあることで術前はもとより、術中、術後にCTを撮影する事が可能です。治療に際して診断の助けにもなりますし、患者さんへの説明をその都度することが可能ですので安心して治療を受けて頂けると思います。



SIMPLANT(R)ガイド(サージガイド)の使用

インプラントの治療では正確性が求められます。1mmの狂いがトラブルへとつながります。
そこで当院では特に治療が難しい患者さま、インプラントの本数の多い患者さまに対してサージガイドを利用しています。
サージガイドはCTで撮影した患者さまの口内の画像を使い、コンピューター上で3D画像としてビジュアルで確認しながら、実際の治療のシミュレーションが行える機器です。またその3D画像から補助パーツを作成し、手術時に患者さまの口内に装着することで、手元が狂うなどの人為的なミスを防ぎ、治療計画通りに手術が行えるようにしています。
どこに穴を開けるのか、インプラントが入るとどのような状態になるのかを患者さまに3D画像で立体的に確認していただけるので、ご自身がどのような治療を受けるのかをより具体的にご理解いただけます。
動画→http://www.simplant.jp/release/dentist_products05.html
これにより、手元が狂ったなどの人為的なミスを防止できます。
 

③素材へのこだわり

インプラントの本体、その上に装着する土台や被せ物全てに妥協をしません。コストを下げることは簡単ですが、体の中に入れるものなので信頼がおけるメーカーで体に優しい材料を選択しています。

   



満足■□ 

インプラント治療が広く普及していますが、残念ながらトラブルも多く見られるようです。せっかく治療したのに、長持ちしなかった。うまく噛めない…不安な点が多い。先ほど申し上げた通り、安全面は非常に重要な要素だと思います。その他に、安心して治療を受けて頂くためには術前、術中、術後(メインテナンス)を通して繰り返し説明をさせて頂き理解して頂けるように努めております。また、治療は一つ一つのステップを踏んで行いますので、最終的に被せ物が入った時にこんなはずじゃなかったという事が無いように努めております。特に噛み合わせには力を入れております。見かけだけでしっかり使って頂けなければ満足度は低いものとなります。治療終了時に見た目はもちろんの事、美味しく健康的に食事ができるようになるまで責任もって担当させて頂きます。

骨がない方へのインプラント治療

□■遠心分離機で骨を再生■□
インプラントは骨の中にインプラントを入れるため、骨がない方には治療できません。骨がない患者さまには、人工的につくった骨を歯肉の中に入れることで対応しています。
骨をつくるにはさまざまな方法がありますが、当院では遠心分離機を使用しています。患者さまから採血した血を遠心分離機に入れ、重力をかけて回転させることで、成長因子を取り出します。その成長因子と骨になる材料を混ぜることで骨をつくります。
患者さまの体の成分からつくりだした骨はインプラントとも適合しやすく、身体への副作用も少ないという利点があります。
遠心分離機を導入している歯科医院は極めて少なく、骨がない患者さまにはインプラントを行わない歯科医院が多いなかで、当院では歯を失った後の治療にも技術と機器で応えていきたいと考えています。

インプラントと従来の治療の違い

ケース1:歯を一本失った場合
従来の方法 従来の方法

抜けた歯の両側に位置する歯を削り、被せ物と歯を連結させて橋渡しのように被せ物を入れます。

インプラント インプラント

他の歯を一切傷つけることなく、歯を失なってしまった部分にのみインプラントを挿入します。

ケース2:たくさんの歯を失った場合
従来の方法 従来の方法

部分入れ歯には固定をするために金属がついており、バネをかけた歯に負担がかかります。

インプラント インプラント

入れ歯に比べて異物感が少なく、歯を失った部分にのみインプラントを挿入します。他の健康な歯には負担をかけません。

ケース3:すべての歯を失った場合
従来の方法 従来の方法

総入れ歯を入れます。入れ歯は歯肉との吸着力で支えますので、味覚が落ち、噛む力が弱くなってしまいます。

インプラント インプラント

インプラントはしっかりと顎に固定されますので、自分の歯のような安定した噛み心地が味わえます。

インプラント施術前後の写真

施術前後の写真(1)
インプラント施術前

インプラント施術前

インプラント施術後

インプラント施術後

施術前後の写真(2)
インプラント施術前

インプラント施術前

インプラント施術後

インプラント施術後

施術前後の写真(3)
インプラント施術前

インプラント施術前

インプラント施術後

インプラント施術後

施術前後の写真(4)
インプラント施術前

インプラント施術前

インプラント施術後

インプラント施術後

インプラントのその他の特徴
インプラントのその他の特徴
使用感インプラントは顎の骨とインプラント体を固定する治療法です。よって安定感があり、違和感を感じにくいです。まるで天然歯と同じような感覚で噛むことができます。
さらに、入れ歯による唾液の分泌障害などを引き起こすことがありません。
味覚異物感がほとんどなく、しっかり安定していますので、ご自分の歯と同じようにおいしく食事ができます。
審美性バネがないので、自然できれいな歯並びがよみがえります。
天然歯への影響インプラント治療は健康な歯を削ったり支えにすることがないので、ご自分の歯を傷めることはありません。

インプラントでよくあるご質問はこちら>>

インプラント治療の流れ

検査

まずインプラントに必要な検査と診断を行い、きちんとした治療計画を立てます。

当院では3D画像が撮影できるCT「ORTHOPHOS XG 3D」を導入し、普通のレントゲン写真では確認できなかった細部まで細かに確認しています。歯の神経の深さや方向、骨の状態まで映し出すことができるため、より正確な治療が可能です。

一次手術

最初の手術はインプラントを埋入する手術です。
まずインプラントを埋入する部分の歯肉を開き、顎の骨に埋入します。
続いて開いた歯肉を縫い合わせて閉じます。この後、しばらくの期間を置いて骨とインプラントが結合するまで待ちます。期間は個人差がありますが、下顎で3ヶ月、上顎で6ヶ月程度が目安です。 この間は、必要に応じて仮の歯を入れますので、日常生活には支障ありません。

二次手術

次は新しい歯を装着するための準備とも言える手術です。
この手術では、歯肉を開いてインプラントに支台部を接続します。支台部とは歯を直接支える部分です。その後、3週間から1ヶ月ほど歯肉の治癒を待ちます。この間は、やはり必要に応じて 仮の歯を入れますので、日常生活には支障ありません。

歯の装着

いよいよ新しい歯の製作と装着です。
歯を製作するために型をとり、その型に従って人工の歯を製作します。その歯を支台部に装着して、完成です。

当院ではアフターケアもしっかりと行なっています。

まずインプラントの形をよく理解した上で確実なブラッシングを行ない、歯垢や歯石の沈着を予防します。3ヶ月から半年に一度は定期的に検診を受け、インプラントの状態を診断なさることをお勧めしています。

インプラントに関する無料カウンセリング実施中

インプラントの無料相談専用予約フォームからご予約できます

インプラント治療は手術を伴う治療であるため、患者様の顎の骨の状態、神経、血管の位置などにより治療内容が大きく変わります。当院では無料でカウンセリングを行なっていますので、どうぞお気軽にご相談ください。

インプラント無料相談ご予約はこちらから

アクセス


詳しいアクセスを見る〒221-0002
横浜市神奈川区大口通 138-9

■最寄駅
JR横浜線 大口駅
(横浜駅より2つ目)
大口駅西口より徒歩1分

詳しくはこちら