横浜市/大口駅1分の歯医者「ティースホワイト横浜すずき歯科医院」|高度医療を実践。評判・口コミ多数!

診療時間
9:00 ~ 18:00
  • ※受付時間は終了の30分前
  • ※土曜日は17:00まで
  • ※お昼の時間帯も休まず診療しております。

大口駅西口 徒歩1分 駐車場2台分有り

045-423-4182

キービジュアル

キービジュアル

コンポジットレジン

2020年02月15日

左下奥の古くなり2次的な虫歯になっていった詰め物を外し、

自費のコンポジットレジンでやり替えた症例です。

歯質強化のためレーザー照射も行っています。

 

30代 男性 治療回数1回

費用 ¥30,000-(税抜)レーザー含む

 

〈担当の糸日谷先生からのコメント〉

自由診療で行うコンポジットレジン治療は、

保険のものと比べると着色や摩耗もしづらく長持ちしやすい材質です。

セラミックに比べると経年的に変色、劣化、破折の可能性があります。

また、虫歯の部分は削るのでしみたりする可能性もあります。

今回は、歯質強化の目的でレーザーも併用して治療も行いました。

 

ページを見る

根管治療

2020年02月8日

病変が歯の根っこの先端ではなく側面に認められ、側枝が原因と思われる

右上の前歯に根管治療を行った症例です。

 

30代 女性 治療回数 3回

費用 根管治療費  ¥50,000-(税別)

コア(土台) ¥15,000-(税別)

 

〈担当の上田先生からのコメント〉☆上田先生は、大学病院から来ている根管治療の専門の先生です。

自由診療での根管治療は、マイクロスコープを使用し、器具等も大学病院レベルのものをそろえ、

歯の中に入った細菌を徹底的に取り除きます。

 

大きな側枝があったため、XPエンドフィニッシャーという器具を使って洗浄しました。

(側枝 = 1本の大きな根にある枝道のことです。)

その後、MTAセメント ( 根管内を緊密に塞ぐことができ、

歯の組織再生効果も兼ね備えているセメント ) を使って根充しました。

 

 

 

 

また、矢印の部分のような所は見えない場所があります。

そこに湾曲した器具を使うことによって今までより触れられる範囲が増え、

洗浄効果も高まりました。

 

↓縦の断面(CT)

 

↓横の断面(CT)

 

 

 

根管治療に関しては、下記のリンクもご覧ください。

https://www.suzukishika.net/rootcanal/

 

ページを見る

自家歯牙移植

2020年01月31日

根が割れている歯を抜歯し、親知らずを移植した症例です。

 

20代 女性 治療回数 10回

費用 ¥300,000 – (税別)

 

〈担当の上村先生からのコメント〉

歯根破折により保存が難しいと判断した右下の歯を抜歯し、

右上の使われていない親知らずを移植しました。

自家歯牙移植では、他の歯に負担をかけず、違和感も少なく、

自然な歯の機能を生かせるという特徴があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

根管治療を行い、しっかり骨との定着もされたため、

最終的な被せ物(オールセラミック)を装着しました。

 

リスクとしては、移植した歯が定着しない可能性があること、

また外科手術を伴うので、腫れたり痛みが出る場合があることです。

 

自家歯牙移植については下記のリンクもご覧ください。

https://www.suzukishika.net/transplantation/

 

ページを見る

セラミックインレー・クラウン

2020年01月27日

お口の中の金属を全て外し、メタルフリーの材料にて治療した症例です。

 

40代 女性 治療回数 19回

費用 合計 ¥660,000- (税別)

セラミックインレー  大 臼歯 1歯 ¥60,000- 6歯分 ・ 小 臼歯 1歯 ¥50,000- 2歯分

セラミッククラウン(ジルコニアビルド)¥120,000-

セラミッククラウン(e-max)¥80,000-

 

<担当の石崎先生からのコメント>

古くなっていた金属の詰め物や被せ物をオールセラミックに変えました。

金属を一切使用していない材質のため、金属アレルギーの心配がありません。

劣化もしにくい為、隙間ができにくく2次的な虫歯になりづらい素材です。

また、右上の2番目の歯に関しては神経をとったあとの変色があったため

セラミック(ジルコニアビルド)にやりかえました。ジルコニアビルドクラウンは、

天然の歯にとても近い透明感や色調などを出すことができるので審美性を重視される方におすすめです。

オールセラミック治療のリスクとして、非常に強く噛んでしまった場合割れる可能性があります。

 

 

ページを見る

部分入れ歯(ノンクラスプデンチャー)

2020年01月20日

上の前歯の古くなった部分入れ歯を、作り替えた症例です。

 

80代 男性 治療回数4回

費用 ¥120,000-(税別)

 

〈担当の糸日谷先生からのコメント〉

前歯の入れ歯が古くなり、金具の見えない入れ歯を入れた患者さんです。

一般的な部分入れ歯は、金属のバネを歯にひっかけ入れ歯を固定しますので、

金具が見えてしまうことがあります。

しかし、そのバネの部分を歯肉と同じ色の樹脂で作成することで、見た目が大幅に改善されます。

ノンクラスプデンチャーは、外側に金属を使用しないため目立ちにくく、保険の入れ歯よりも自然です。

リスクとしては、入れ歯には厚みがあり始めて使用する方は発音などがしにくくなることです。

 

ページを見る

インプラント

2020年01月14日

左下のブリッジを除去し、手前の支台歯には新たに被せ物を装着し、

欠損部にインプラントを2本埋入した症例です。

 

50代 女性 治療期間 約1年間

費用 インプラント¥800,000-(1本 ¥400,000-)税別

セラミッククラウン¥120,000-

マウスピース¥50,000-

 

〈担当の渡邉院長からのコメント〉

左下のブリッジがグラグラしていて、噛むと痛いということが主訴の患者様でした。

レントゲンで確認したところ、左下に大きな病巣があり保存不可と判断しました。

ブリッジを除去し、一番奥の歯(左下7番)を抜歯しました。

 

ブリッジ除去の際、すべて被せ物を壊してしまうと噛めなくなってしまう為、

ダミーの部分と、手前の支台の歯(左下5番)の間で切断し、

左下5番はクラウンとしてそのまま使えるように工夫して除去しました。

くいしばりもかなりある患者様で、左下5番の被せ物は欠けている状態でした。

 

 

 

また、レントゲンで左下5番の歯根膜が拡大していることが確認されました。

※歯根膜=歯を支える骨と歯の間にあってクッションの役割をしている靭帯。

 

 

ブリッジは、噛んだりした時など、欠損歯の分の負担が両隣の支台歯にかかってきますが、

今回の場合 もう片方の奥の支台歯もグラグラしており、支える機能をなしていなかったため

実質3本分の負担がかかったことで、こうなってしまったと考えられます。

 

左下5番の歯を助けるためにも、くいしばりがあることをふまえ負担がかからないような形の

被せ物を新たに作り、また、奥の欠損部にはインプラントを2本埋入しました。

インプラント治療は、その部位のみで完結する治療なので、

隣の歯に一切負担をかけずに治療することができます。

 

 

治療後、1年経過のレントゲンと写真です。

インプラントはしっかり定着し、負担をかけなかったことにより歯根膜も治癒しました。

 

 

 

また、くいしばりの負担を軽減するため、毎日就寝前に

マウスピースを装着していただいています。

 

 

インプラント治療のリスクは、毎日のブラッシングや歯科医院での定期的な

メインテナンスを怠ってしまうと、天然の歯と同じように、歯茎や骨が歯周病にかかり、

インプラントが抜けてしまう可能性があるということです。

日々のメインテナンスをしっかり行うことが大切です。

 

 

ページを見る

セラミッククラウン

2019年12月24日

右上の前歯の古くなっている被せ物をセラミック(ジルコニアビルド)にやり替えた症例です。

 

30代 女性 治療回数 6回

費用 ¥120,000-(税別)

 

〈担当の上村先生からのコメント〉

適合の良くない被せ物をセラミック(ジルコニアビルド)にやり替えました。

被せ物をやり変えるにあたり、土台の治療もやりなおしています。

 

保険適用の前歯の被せ物には、金属製のフレームを使用しているため、

金属フレームの色が透けたり、金属イオンが溶け出して歯ぐきの色が黒く変色することがあります。

セラミックには金属を一切使用していないのでその心配がないのと、

ジルコニアビルドクラウンは、天然の歯にとても近い透明感や色調などを出すことができるので審美性を重視される方におすすめです。

リスクとしては、過度な衝撃が加わると割れる可能性があるということです。

 

 

ページを見る

セラミックインレー

2019年12月24日

右下5番目に入っていた古い金属(アマルガム)をセラミック(e-max)に変えた症例です。

 

50代 女性 治療回数 2回

費用 ¥50,000-(税別)

 

〈担当の糸日谷先生からのコメント〉

右下に入っていたアマルガムをセラミックに変えました。

アマルガムには水銀が含まれており、近年の歯科治療ではあまり使われなくなっています。

セラミックは金属を一切使用していないため体に優しい材質です。

リスクとしてはしみたりする可能性があることです。

 

 

ページを見る

根管治療

2019年12月19日

神経が死んでしまった歯に対して根管治療を行った症例です。

 

50代 男性 治療回数 3回

費用  根管治療費 ¥50,000-(税別)

コア(土台)¥15,000-(税別)

 

<担当の馬場先生からのコメント> ☆馬場先生は、大学病院から来ている根管治療の専門の先生です。

歯の神経が死んでしまい、細菌感染を起こし根の病気になってしまったケースです。

根の病気が歯の股の部分まで及んでしまって骨が溶けてしまっていました。

歯周ポケットが根の病気によってできてしまっていましたが、根の病気が原因ですので

根の治療を行うことによって改善します。

術前術後を比較すると股の部分に骨ができているのが確認できます。

リスクとしては、処置を開始すると状態によっては抜歯になる可能性があることです。

 

 

根管治療に関しては、下記のリンクもご覧ください。

https://www.suzukishika.net/rootcanal/

 

ページを見る

セラミッククラウン

2019年12月19日

左上6番目の古くなっていた銀歯を

セラミック(e-max)の被せ物にやりかえた症例です。

 

40代 女性 治療回数3回 費用¥80,000-(税別)

 

〈担当の石崎先生からのコメント〉

古くなっていた金属の被せ物をオールセラミックに変えました。

セラミックは、着色や経年に伴う劣化が少なく、また

金属を一切使用していない材質のため、金属アレルギーの心配がありません。

リスクとしては非常に強く噛んでしまった場合割れる可能性があります。

 

 

ページを見る

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私達にお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • 初診web予約
  • web予約
  • メール相談

電話での問い合わせ

045-423-4182

医院の住所

〒221-0002 横浜市神奈川区大口通 138-9

診療時間
9:00 ~ 18:00
  • ※受付時間は終了の30分前
  • ※土曜日は17:00まで
  • ※お昼の時間帯も休まず診療しております。

このページの先頭に戻る