横浜市/大口駅1分の歯医者「ティースホワイト横浜すずき歯科医院」|高度医療を実践。評判・口コミ多数!

診療時間
9:00 ~ 18:00
  • ※受付時間は終了の30分前
  • ※土曜日は17:00まで
  • ※お昼の時間帯も休まず診療しております。

大口駅西口 徒歩1分

045-423-4182

キービジュアル

キービジュアル

部分矯正(圧下)

2019年10月19日

左下奥の歯を抜歯したあと、上の噛み合わせの歯がのびてきてしまっていたのを

矯正で元の位置に戻した症例です。

 

40代 女性 月に1度の通院 期間9か月

費用 ¥ 200,000 – (税別)

 

〈担当の渡邉院長のコメント〉

右下の7番目の歯の根が割れていたため、保存不可と診断し抜歯をしました。

 

 

 

 

また、抜歯をして歯が無くなった部分にはインプラント治療を行いました。

抜歯後、インプラント治療をしている間に歯が無い状態が続くと

歯がのびてきてしまう可能性があるため、歯が無い部分に入れ歯を作るか、

歯が動かないように上顎にマウスピースをいれる等の対応をする予定でしたが

ご本人の希望により何もいれずに過ごしていただきました。

すると、なんと数か月で、上の歯がのびてきてしまいました。

 

 

 

 

インプラントの仮歯を装着した状態です。

隣の歯と比べて、歯の高さがかなり低くなってしまっていることがわかります。

かみ合わせを正常に戻すために、上の歯に部分的な矯正装置をつけ、

上方向に矯正力を加え、元の位置に戻す治療を行いました。

 

 

 

 

矯正により、歯が元の位置に戻りスペースが空いたので、

インプラントの仮歯の上に仮の材料を盛り足しています。

今後、インプラントの最終的な被せ物を作り替える予定です。

 

 

矯正治療のリスクは、後戻りする可能性があるということです。

保定装置をつけメンテナンスしていくことが必要となります。

 

 

矯正前と後のレントゲンです。

(レントゲンにうつっているネジのようなものは、

アンカースクリューという矯正装置で、このスクリューを埋めることによって、

歯に埋め込むような力をかけることが可能となります。)

 

 

ページを見る

セラミッククラウン・根管治療

2019年10月17日

歯内療法専門医で根の治療をしたあと、

セラミック(ジルコニア)クラウンをいれた症例です。

 

40代 女性 治療回数10回

費用 根管治療費 1歯 ¥50,000- ジルコニアクラウン 1歯 ¥120,000-(税別)

 

〈担当の糸日谷先生からのコメント〉

右上 前歯2本の根の治療をしてから、被せ物を新しく被せ治しました。

根管治療は、歯の中に入ってしまった細菌を取り除き、根の先で炎症が起こらないようにすることが目的です。

自由診療での根管治療は、マイクロスコープを使用し、器具等も大学病院レベルのものをそろえ、

大学病院からきている専門の先生が治療を担当し、歯の中に入った細菌を徹底的に取り除きます。

リスクとしては、根の再治療の時、状態が著しく悪い時は抜歯になることがあります。

 

根管治療に関しては、下記のリンクもご覧ください。

https://www.suzukishika.net/rootcanal/

 

また、被せ物はジルコニアセラミックです。

自然な歯の色調を再現し、汚れもつきづらいので衛生管理がしやすく、

金属を一切使用していないので体にも優しい材質です。

 

 

ページを見る

セラミックインレー・セラミッククラウン

2019年10月2日

お口の中の金属を全て外し、メタルフリーの材料にて治療した症例です。

また、左下の6番目の歯は歯内療法専門医で根の治療をしました。

 

40代 女性 治療回数20回

費用 合計 ¥ 705,000-(税別)

セラミックインレー  大 臼歯 1歯 ¥60,000- 6歯分 ・ 小 臼歯 1歯 ¥50,000- 2歯分

セラミッククラウン 1歯¥80,000- 2歯分

根管治療 ¥70,000-  コア(土台) ¥15,000-

 

〈担当の石崎先生からのコメント〉

古くなっていた金属の詰め物や被せ物をオールセラミックに変えました。

金属を一切使用していない材質のため、金属アレルギーの心配がありません。

リスクとしては非常に強く噛んでしまった場合割れる可能性があります。

また、左下の6番目の歯に関しては、根に細菌感染が認められたため根管治療を行いました。

自由診療での根管治療は、マイクロスコープを使用し、器具等も大学病院レベルのものをそろえ、

大学病院からきている専門医が根の治療を担当します。

 

 

ページを見る

セラミックブリッジ

2019年09月21日

左下の奥歯の歯が無い部分にセラミックのブリッジを装着した症例です。

 

80代 女性 治療回数 5回

費用 ジルコニアセラミックブリッジ

¥80,000 × 4歯分  ¥320,000- (税別)

 

〈担当の糸日谷先生からのコメント〉

左下奥歯の歯が無いところにはもともと入れ歯が入っていましたが、

異物感が強くあまり装着しないことも多いとのことだったため固定性の補綴を希望されました。

ブリッジは入れ歯に比べると異物感が少なく、噛む力も強いです。

またセラミックは汚れが付きづらく、劣化もしにくいです。

金属を使用していないため、金属アレルギーの心配もなく体に優しい材質です。

 

今回は、歯が無い部分の幅が広かったため、土台の歯を3本にしてあります。

(前から4、5、7番目の歯が土台、6番目の歯がダミー)

神経が生きている歯を土台としているため、歯がしみたりするリスクがあります。

 

 

ページを見る

部分矯正

2019年09月21日

左下の4番目の大きなむし歯があった歯を抜歯し、部分矯正を行った症例です。

 

50代 女性 治療期間  1年間(月に1度の来院)

費用  矯正 ¥150,000- 右下5番セラミッククラウン¥120,000- (税抜)

 

〈担当の渡邉院長からのコメント〉

左下の4番目の歯に歯冠のほとんどを占めるような大きなむし歯がありました。

左下の4番目と5番目の歯が重なっていたため、むし歯になってしまったと考えられます。

 

 

 

左下の4番は保存不可能のため抜歯をしましたが、

その後 内側に入ってしまっていた左下の5番を通常の位置に戻す矯正を行いました。

 

 

 

 

左下の5番を矯正しても、左下の3番目と5番目の間に

わずかな隙間ができてしまうため、同時に左下2番の捻転を矯正しました。

このような部分的な矯正をすることで削らず治療をすることが可能になります。

 

 

 

また、下顎の左右6番目についている装置は

左下の5番を矯正する際、左下の6番が一緒に引っ張られないよう

固定するために装着しています。(リンガルアーチ)

 

 

部分矯正では、おおまかな位置の移動はできますが動きに限界があり、

左下の5番を正しい位置に矯正しても、上の歯とかみ合わせることは難しいので、

最終的には頭の形を変えるセラミックのかぶせものを装着することも計画しました。

 

 

 

矯正の途中経過です。

徐々に装置の範囲を増やしています。

 

 

 

装置を外す際の写真です。

ここまで綺麗に歯列が治りました。

 

 

 

セラミックのかぶせものセット後の写真です。

矯正治療のリスクは、後戻りする可能性があるということです。

保定装置をつけメンテナンスしていくことが必要となります。

 

 

 

ページを見る

結合組織移植術・セラミックブリッジ

2019年09月18日

歯根破折等で保存不可となった上の前歯を3本抜歯し、

歯肉の保存(ソケットプリザベーション)と増生(結合組織移植)を行い、

セラミックのブリッジを装着した症例です。

 

40代 女性 治療回数 10回

費用 ジルコニアセラミックブリッジ ¥80,000 × 6歯分   ¥480,000-

ソケットプリザベーション  ¥50,000-

CTG(結合組織移植)¥50,000- (全て税別)

 

 

〈担当の上村先生からのコメント〉

審美的で清掃性の良いブリッジをつくるためには、

歯がないダミーの歯の下の歯肉の形が大切になります。

そのため、計画的に抜歯を行いました。

 

まずは抜歯と同時に、歯肉の保存のためソケットプリザベーションを行いました。

ソケットプリザベーションとは、抜歯窩に人工骨を充填し、

骨を再生させ、骨の吸収を防ぐ方法です。

 

 

 

その後、歯肉の厚みを増やすためCTG(結合組織移植)を行いました。

CTGとは、上あごの口蓋 から結合組織を採取し、

歯肉退縮を起こしている部分に結合組織を移植し、歯肉を増やす方法です。

 

 

手術のリスクとして、術後の腫れや痛みが起こる可能性があります。

 

 

最終的に歯がないダミー部の下の歯肉を綺麗に整えることができました。

↓ ブリッジ装着前の歯肉の状態です。

 

 

 

↓ 歯肉の形がブリッジとあっているか確認のために少し浮かせて写真を撮っています。

 

 

 

ページを見る

セラミックインレー・コンポジットレジン

2019年09月12日

お口の中の金属を全て外し、メタルフリーの材料にて治療した症例です。

 

40代  女性 治療回数 7回

費用 合計¥240,000-(税別)

(コンポジットレジン 1歯 ¥15,000- 4歯分)

セラミックインレー 1歯¥60,000- 3歯分)

 

〈担当の石崎先生からのコメント〉

比較的金属が大きかった部位に関してはセラミックで、

小さい部位に関してはコンポジットレジン(プラスチック)で対応しました。

金属を一切使用していない材質のため、金属アレルギーの心配がありません。

リスクとしては非常に強く噛んでしまった場合割れる可能性があります。

 

 

 

ページを見る

エクストリュージョン・接着ブリッジ

2019年08月26日

残せないと診断した右上2番目の前歯を、抜歯する前にエクストリュージョンをして

歯ぐきの厚みをふやし、その後抜歯して、接着ブリッジを装着したケースです。

 

40代 女性 治療回数 10回

費用 エクストリュージョン ¥100,000- (税別)

接着性ブリッジ ¥240,000-(税別)

 

<担当の上村先生からのコメント>

右上2番目の歯がが保存不可のため、接着性ブリッジで治療することを計画しました。

そのまま抜くと歯茎が痩せて長い歯になってしまうと診断し、

まず部分的な矯正装置を装着し、歯を上に引っ張り上げることにより、

歯茎も一緒に引っ張り上げ、厚みを増やしました。(エクストリュージョン)

 

↓ 矯正装置を装着した様子(審美面にも考慮しています。)

 

 

 

その後、抜歯をおこない、仮歯で歯茎の形を整えました。

 

 

できるだけ歯と歯茎の形が調和の取れたものになるように工夫して治療を行いました。

 

通常のブリッジですと、歯を大きく削らなければなりませんが、

歯は削れば削るほど弱くなり寿命を縮めてしまいます。

接着ブリッジは両隣の歯を削らずに治療が可能です。

リスクとしては、なるべく削らずセメントで装着するため、

外れる可能性が、通常のブリッジに比べて高いということです。

 

↓ 完成した接着ブリッジ

 

ページを見る

インプラント、セラミッククラウン

2019年08月24日

左下のブリッジを除去し、支台の部分に新たにセラミッククラウンを装着し、

欠損部にインプラントを埋入した症例です。

 

70代 女性 治療回数 8回

費用 インプラント ¥400,000-(税別)

セラミッククラウン ¥80,000-(税別)

 

<担当の糸日谷先生からのコメント>

左下ブリッジの土台がむし歯で溶けていて噛めないとのことで、

固定性の補綴物をご希望された患者様です。

 

ブリッジを除去後、左下6番目の欠損部に、コンピューターガイドを用いて、

低侵襲で設計したところにインプラントを埋入しました。

 

 

インプラント埋入3か月後の様子です。

 

 

問題なくインプラント体と歯槽骨が定着したため、

被せ物の治療を行いました。

 

またブリッジの支台となっていた左下5番目の歯にセラミッククラウンを装着しました。

インプラントは、何かあった時に外して対処できるようにネジ留め式の構造になっています。

 

 

ネジ止めの穴は、コンポジットレジンでふさいでいます。

 

インプラント治療のリスクは、毎日のブラッシングや歯科医院での定期的なメインテナンスを怠ってしまうと、

天然の歯と同じように、歯茎や骨が歯周病にかかり、インプラントが抜けてしまう可能性があるということです。

日々のメインテナンスをしっかり行うことが大切です。

 

 

 

ページを見る

部分矯正(牽引)

2019年08月21日

左上6番目の大きなむし歯があった歯を抜歯し、部分矯正を行った症例です。

 

20代 女性 治療期間 1年半(月に1度18回の通院)

費用 ¥300,000-(税別)

 

〈担当の渡邉院長からのコメント〉

左上の奥が痛むということで、レントゲン上で確認したところ、

6番目の歯にかなり大きい虫歯があることがわかりました。

 

 

むし歯を除去すると、歯の70%以上が失われる状態でした。

 

 

根っこを引っ張る矯正をして治療すれば、残せなくもない状態でしたが、

現在20歳代ということもあり、予後があまりよくない治療よりも長く持つ治療法をご希望されたため、

6番目の歯を抜歯し、7番目の歯を6番目の歯の位置に来るよう矯正、

さらに埋まっている8番目の歯(親知らず)が生えてくるときに、

自然と7番目の歯の位置に置き換わることができるといいのではとご提案しました。

 

 

 

 

まずは6番目の歯を抜歯し、ワイヤーとゴムの矯正装置をつけて

7番目の歯を6番目の歯の位置に持ってくる部分矯正を行いました。

 

 

インプラントアンカー(小さいネジ)を使って、手前の4番5番目の歯が

奥にひっぱられないように調整しています。

 

 

 

6番目の歯を抜歯した後のスペースが綺麗にとじました。

 

 

ゆくゆくは、親知らずが7番目の歯の位置に生えてくるよう現在経過観察中ですが、

レントゲンで確認すると、想定していた位置に親知らずが生えてくるのではないかということが予想されます。

 

ページを見る

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私達にお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • 初診web予約
  • web予約
  • メール相談

電話での問い合わせ

045-423-4182

医院の住所

〒221-0002 横浜市神奈川区大口通 138-9

診療時間
9:00 ~ 18:00
  • ※受付時間は終了の30分前
  • ※土曜日は17:00まで
  • ※お昼の時間帯も休まず診療しております。

このページの先頭に戻る