横浜市/大口駅1分の歯医者「ティースホワイト横浜デンタルクリニック」|高度医療を実践。評判・口コミ多数!

診療時間
9:00 ~ 18:00
  • ※受付時間は終了の30分前
  • ※土曜日は17:00まで
  • ※お昼の時間帯も休まず診療しております。

大口駅西口 徒歩1分 駐車場2台分有り

045-423-4182

0120-780-469

キービジュアル

キービジュアル

自家歯牙移植

2021年02月24日

保存不可能な左下の奥歯を抜歯し、左上の親知らずを移植した症例です。

 

30代 女性 治療期間 約半年間

費用¥300,000-(税別)

費用の中には、手術費・専門ドクターによる精密的な根管治療費・

土台・被せもの(オールセラミック)が含まれています。

 

〈担当の渡邉院長からのコメント〉

保存不可能な左下奥から2番目の歯を抜歯して、左上の親知らずを移植しました。

他の歯に負担をかけず、違和感も少なく、自然な歯の機能を生かせるという特徴があります。

 

現在、術後より3年経過していますが、特に問題なくお使いいただいています。

自家歯牙移植のリスクとしては、移植した歯が定着しない可能性があること、

また外科手術を伴うので、腫れたり痛みが出る場合があることです。

 

 

 

 

 

自家歯牙移植については下記のリンクもご覧ください。

https://www.suzukishika.net/transplantation/

ページを見る

レーザードックベスト・セラミックインレー

2021年01月25日

大きな虫歯に対し、レーザードックベストセメント治療を行い

セラミックインレーで補綴した症例です。

 

40代 男性 治療回数 3回

費用 レーザードックベストセメント ¥ 15,000-

セラミックインレー ¥60,000-

 

〈担当の岩科先生からのコメント〉

右下5番に冷痛を感じたためご来院された患者様です。

レントゲンにて確認したところ隣接面から虫歯が広がっていました。

 

 

 

虫歯が神経に接近していたため、レーザードックベストセメントにて神経温存療法を行い、

半年経過をみてセラミックインレー処置に移りました。

 

コンタクトカリエスは自分では気づきにくいので、定期的にレントゲンを撮ることをお勧めします。

しみるなどの自覚症状が出始めるとかなり虫歯が大まくなってきており

神経を取らざるを得ない場合もあります。

神経を取る時に歯の毛細血管も切断するので歯に栄養が供給されなくなり

将来歯が割れるリスクは何倍にもなります。そうならないように日々のフロスや検診時の

レントゲンでの早期発見が非常に重要になります。

 

 

レーザードックベストセメント治療では

大きな虫歯でも、なるべく削らず神経を残せる可能性を高めますが、

リスクは、場合によっては神経が失活してしまう可能性もあるということです。

ページを見る

MTAセメント

2021年01月25日

大きな虫歯に対する治療で、MTAセメントを用いて神経を残す処置を行った症例です。

 

30代 男性 治療回数1回

費用 ¥30,000-(税別)

 

〈担当の上村先生からのコメント〉

虫歯が大きかったため、除去した際に露出してしまった神経を

MTAセメントを用いて保存し、直接コンポジットレジン(プラスチック)で修復しています。

神経の状態により、適応でない場合があります。

MTAセメントのリスクは、痛みが出たり、

場合によっては神経が失活してしまう可能性もあるということです。

 

 

 

 

 

 

 

ページを見る

セラミッククラウン、ブリッジ

2021年01月24日

保存不可な歯を抜歯して、ブリッジ治療を行い、

対合の歯の不良補綴物も同時に治療した症例です。

 

50代 女性 治療回数

費用 セラミッククラウン(ジルコニア) ¥80,000-(税別)

セラミックブリッジ(ジルコニア) ¥240,000-

 

〈担当の石崎先生からのコメント〉

右上の5番目の歯が保存不可能な状態だったため抜歯し、

ブリッジ治療で補いました。

また、右上6番目の歯が下に伸びてきてしまっていたため、

咬合平面(上下の歯が接する平面のこと)がアンバランスになっていました。

右上6番を削り高さを下げ、対合の歯を上げることで咬合平面を平面化し、

バランスをよくしました。

 

 

 

ジルコニアセラミックのメリットは強度があり、

劣化しにくいため2次的な虫歯になりづらいということです。

デメリットとしては透明感を出しにくいということが挙げられます。

 

ページを見る

小児矯正

2021年01月22日

永久歯が生え変わるまでの全体的な小児矯正(第1期矯正)を行った症例です。

 

12歳 女性 治療期間 約3年間

費用¥500,000- 税別

 

<担当の渡邉院長からのコメント>

上の歯並びは、左右とも前から2番目の歯が曲がっている状態でした。

また下の歯並びは、左下2番目の歯(永久歯)が歯列から外れてしまっています。

その隣の3番目の歯はまだ乳歯だったので、乳歯を抜歯して、

2番目の歯を中に入れるよう矯正を行いました。

これを放置し、3番目の乳歯がそのままの位置で永久歯に生え変わってしまうと

歯並びを治すには抜歯する必要が出てくるので、このタイミングで行うことで

抜歯の必要がなく負担の少ない矯正治療になります。

 

 

 

上の歯のでこぼこしてしまっている箇所や、

下の前歯の1本だけ外れて生えてしまっている箇所の矯正等を行うために、

歯列を拡大する装置を使用し矯正を行いました。

 

 

 

 

生え変わりの関係で小学校3年生前後位が矯正を開始するのに適しており、

この患者様も、小学校3年生から治療をスタートしています。

お子様の歯並びに心配がある場合、上下とも前から2番目までの永久歯が生えそろった時までには

矯正の相談等をお受けになることをおすすめいたします。

 

 

 

 

 

下の歯は、まだでこぼこしている部分がありますが、

歯列に収まってはいるので、成人矯正に移行すれば

抜歯の必要が無く治療ができます。

事前に歯を並べておくことがとても大切です。

 

※引き続き第2期矯正(成人矯正)が必要な場合や希望される場合は、

当院では第2期矯正の費用から第1期矯正を引いた差額分の費用で

治療を行っております。

ページを見る

セラミッククラウン

2020年12月28日

古くなった被せ物をセラミックにやり替えた症例です。

 

60代 女性 治療回数  12回

費用 ジルコニアビルドクラウン ¥600,000- (1歯¥120,000×5本分)税別

フルジルコニアクラウン ¥80,000‐

 

〈担当の石崎先生からのコメント〉

古くなっていた前歯の被せ物 (右上4~左上2 計6本)を、

オールセラミックにやり替えました。

 

仮歯で形態を修正しながら患者様と検討し、最終的な被せ物を製作しました。

患者様のご希望で上顎左右1番の切端(歯の先の部分)を伸ばしています。

ジルコニアビルドクラウンは、天然の歯にとても近い透明感や色調などを出すことができるので

審美性を重視される方におすすめです。

 

オールセラミック治療のリスクとして、非常に強く噛んでしまった場合割れる可能性があります。

 

 

 

ページを見る

インプラント

2020年12月17日

  • 骨が薄くなってしまっていた箇所に対して、骨の移植をすることなく

コンピューターガイドにてインプラントを埋入した症例です。

 

50代 女性 現在治療中

費用 インプラント ¥400,000- (税別)

他、ホワイトニングや歯周病治療、専門医での根管治療も行っている患者様です。

 

 

〈担当の渡邉院長からのコメント〉

右上5番の欠損部にインプラントがご希望だったのですが、かなり骨が薄い状態になっていました。

 

 

 

当院では、コンピューターインプラントシステムを導入しており、

骨が薄いところにピンポイントで埋入する必要がある場合でも、

各工程で最新のコンピューターシステムを利用し、「安全・確実」にオペを遂行します。

 

インプラント埋入手術の際にはサージガイドを使用します。

サージガイドとはCTデータとシミュレーションソフトによる分析で

得られた情報をもとに決定された、インプラントを埋め込む場所・角度・大きさ・長さなどの

情報を反映させて作成されたマウスピースのようなものです。

 

 

↓ ガイド設計中の画面

 

 

 

実際の手術では、これをお口にはめ込み、穴が開いている部分にインプラント体を埋入します。

そのため骨の厚みがギリギリな場合でも、ピンポイントで安全で正確に埋入することが可能です。

 

骨を作る処置が行うようになると、患者様の負担も増えますし、

自分の骨のみで治療をした方が術後の管理がしやすく、患者様の負担も少ないです。

 

 

 

ページを見る

レーザードックベストセメント

2020年12月12日

大きな虫歯に対して、歯をなるべく削らずに

レーザーとドックベストセメントを使用して治療した症例です。

 

30代 女性 治療回数1回

費用 ¥15,000-(税別)

 

〈担当の上村先生からのコメント〉

右下の奥歯の歯と歯の間から虫歯が広がっていました。

写真の青く染めているところが虫歯です。

感染している部分を除去しレーザーで殺菌を行いました。

その後樹、脂の詰め物で歯の形に戻しました。

また治療中は唾液が入らないように必ずラバーダムを行います。

1回の治療で歯の形に戻すことができる治療です。

半年経過後には、強度のある詰め物に変えることが必要なので、

オールセラミックの詰め物をして治療終了予定です。

 

レーザードックベストセメント治療では

大きな虫歯でも、なるべく削らず神経を残せる可能性を高めますが、

リスクは、場合によっては神経が失活してしまう可能性もあるということです。

 

ページを見る

マウスピース矯正(インビザライン)

2020年12月1日

マウスピース(インビザライン)で部分矯正を行った症例です。

 

20代 女性 治療期間約6ケ月

費用 ¥450,000-(税別)

 

〈担当の渡邉院長からのコメント〉

歯のでこぼこがと正中離開が気になるということで矯正治療を行った症例です。

全体矯正をお勧めしましたが、費用や期間等コストパフォーマンスを考えて

マウスピース(インビザライン)での部分矯正を選択されました。

 

インビザラインでは、歯並びの状態に合わせ複数回マウスピースを取り換え歯並びを整えていきます。

最初にオーダーしたインビザラインのマウスピースの1セット目が終了した段階で

予定通りに歯が動いていない場合は、2セット目をオーダーし使用いただきます。

今回の症例でも、1セット目終了時に予定の位置まで動いていない箇所があったため、

2セット目をオーダーし使っていただき、主訴であった正中離開やでこぼこも改善されました。

 

 

ページを見る

セラミッククラウン

2020年11月30日

入れ歯のバネがかかる歯の虫歯を除去し

セラミッククラウンで補綴した症例です。

 

40代 男性 治療回数2回

費用 ジルコニアセラミッククラウン ¥80,000- (税別)

 

〈担当の岩科先生からのコメント〉

右下7番の虫歯が深く、神経を取る処置を行いました。

 

 

神経を取った後は歯の強度が下がるので基本的には被せ物をします。

手前の歯は欠損しており、今後ここには入れ歯が入る予定です。

右下7番にはジルコニアクラウンを希望されたので、

入れ歯のバネがかかるスペースを考慮したクラウンを作製しました。

欠損側にレストと呼ばれる入れ歯のバネをのせるための凹みが付与されています。

 

ジルコニアのメリットは強度があり、審美的にも優れていることです。

デメリットは色調が単調になり、非常に硬いので対合に摩耗を引き起こすことがあります。

 

ページを見る

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私達にお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • 初診web予約
  • web予約
  • メール相談

電話での問い合わせ

045-423-4182

0120-780-469

▲初めての方はこちらにお電話お願いします。

医院の住所

〒221-0002 横浜市神奈川区大口通 138-9

診療時間
9:00 ~ 18:00
  • ※受付時間は終了の30分前
  • ※土曜日は17:00まで
  • ※お昼の時間帯も休まず診療しております。

このページの先頭に戻る