横浜市/大口駅1分の歯医者「ティースホワイト横浜デンタルクリニック」|高度医療を実践。評判・口コミ多数!

診療時間
9:00 ~ 17:45
  • ※受付時間は終了の30分前
  • ※土曜日は16:45まで
  • ※お昼の時間帯も休まず診療しております。

大口駅西口 徒歩1分

LINEで相談や予約ができます

キービジュアル

キービジュアル

院内症例検討会を行いました!

2024年06月18日

こんにちは😃

ティースホワイト横浜デンタルクリニック歯科医師の西沢です!

先日就職後初めて院内の症例検討会で発表をしました。

移植について発表したので簡単に説明させていただきます。

移植とは、むし歯や歯周病などで失ったところに、違う歯を移し入れる方法をいいます。

当院では保険治療ではなく自由診療になります。ご興味ある方はぜひご相談ください!

 

ページを見る

衛生士セミナー

2024年06月6日

こんにちは。衛生士の高木です。

先日休診をいただき、宮本先生のセミナーをドクターと衛生士で受けました。

今回はレントゲンの撮影と読影についてです。日々の診療に生かせる知識が盛り沢山でした。宮本先生、いつもありがとうございます。

正確な診断が出来るよう、スタッフ一同頑張っていきます。

そして、後半は認定衛生士の症例発表。様々な意見が出て、良い機会となりました。

ページを見る

生えたての永久歯について

2024年05月23日

こんにちは!歯科衛生士の高橋です!

昨年11月に入社し、半年が経ちました。

「関西の方ですか?」とお声がけいただくことも多く、独特のイントネーションながら頑張っておりますので気軽になんでもお話ししてくださると嬉しいです!

 

 

先日、5月16日にティースホワイト横浜デンタルクリニックは32周年を迎えました!

夏頃から定期健診の内容が充実したりと、これからもどんどん進化を続けて行く予定なので、33年目のティースホワイトもどうぞよろしくお願いします。

 

 

 

この4月より、娘が小学校へ入学したのですがちょうど現在前歯の生え変わり時期を迎えています。

実は生えたての歯は、チューリップのようなギザギザがあることはご存知ですか?

 

このギザギザは「マメロン」と呼ばれるもので、永久歯が生える際に、乳歯の根を溶かす働きをします。また、噛み合わせや咀嚼を助ける役割があります。

 

一般的にはしっかり噛めるようになると約2年ほどですり減り、無くなってしまうことが多いです。

なのでわたしは毎日このマメロンを愛おしく思いながら仕上げ磨きをしています。(笑)

 

ただ、上下の前歯が当たらない噛み合わせの場合は大人になってもマメロンが残ることがあります。

開口(奥歯が噛んでいても前歯が開いてしまっている状態)や、上顎前突(いわゆる出っ歯)など不正咬合が原因となる場合もあるので、一度ご自身の歯も確認してみてください。

なにかあればいつでもご相談、ご質問お待ちしております。

 

 

ページを見る

5月病とお口の病気について

2024年05月9日

こんにちは!衛生士の坂上です!

 

GWは皆さんいかがお過ごしでしたか?

 

新生活スタートから1月が経ち、長いお休みが終わって、溜まっていた疲れが出てきます。

いわゆる「五月病」と言われるものです

五月病による体調不良は、自律神経の乱れが関係しています。

自律神経が乱れるとストレスを感じやすくなり、そのストレスによる症状のひとつが、歯ぎしりやくいしばりです

◯グラインディング

上下の歯をギリギリと擦り合わせます

 

 

 

◯クレンチング

上下の歯を強く噛みしめます

 

 

◯タッピング

 

また、ストレスで神経も過敏な状態になるので、歯の痛みが生じるケースも考えられます。

そうなる前にマウスピースなどを使って歯をストレスから守ってあげましょう。

お身体の疲労をためない為にもしっかりとした休息が必要です!

 

これから暑くなっていき、夏バテの症状も出てきやすくなります

 

規則正しいバランスのとれたお食事を意識しながら、体調管理を頑張っていきましょう!

 

ページを見る

口内炎について

2024年04月30日

こんにちは、受付の松田です。

今回は口内炎についてのお話です。

口内炎ができると、食事のたびに痛くてつらい経験をした方も多いのではないでしょうか。

私も食事中、噛んでしまったり…何度もつらい経験があります。。

口内炎ができる原因はさまざまですがストレスや疲労の蓄積、ビタミン不足が関係しているといわれています。

口内炎ができてしまったらビタミンが豊富に含まれる食べ物を積極的に摂取しましょう。

また辛いものなどの刺激物や味の濃いものは塩分が多く含まれいるケースが多く口内炎を刺激してしまいます。しみる可能性もあるため、避けるようにしましょう。

まずは口内炎をできにくくするための予防が大切です。

食後は歯みがきやうがいをして、できるだけ口内を清潔に保ちましょう。

歯みがきの際は、口の中の粘膜を傷つけないように気をつけましょう。

また、口の中が乾いていると粘膜の免疫力が低下し、口内炎になりやすいといわれています。

ページを見る

こんにちは🌸😆

2024年04月7日

歯科助手増村です⭐️

すっかり桜も満開になりお花見日和ですね🌸

4月から新しいスタッフも入社しましたが

衛生士の戸田、受付二本木、DR岩科が退職し

新人歓送迎会を行いました⭐️

即戦力の3名がいなくなりとても

寂しく思いますが新しいスタッフと

ともによりよい医院を築けるよう

頑張っていきますのでよろしくお願いします😆

また退職した二本木さん岩科先生戸田さん

おつかれさまでした🌸

 

ページを見る

知覚過敏と歯ぎしり

2024年04月2日

寒さもようやく過ぎて、桜も満開の時期になってきましたね。週末にはお花見をするのも良さそうです。

今回は知覚過敏と歯ぎしりについてお伝えしたいと思います。

飲食や歯磨きの際に歯がしみて辛い知覚過敏の症状を訴える方は多いです。この知覚過敏の原因の1つが歯ぎしりにある事はあまり知られていません。

なぜ歯ぎしりが知覚過敏の原因になるのかというと、主に以下の3つの理由があります。

1. 歯ぎしりによって歯茎がさがってしまい、しみやすい歯の根が露出してしまう

2.歯ぎしりによって歯と歯茎の際が削れ(楔状欠損といいます)、その部分がしみてしまう

3.歯ぎしりによる過負荷が歯の神経そのものを過敏にしてしまう

知覚過敏の治療としては、薬剤の塗布・削れた部分を詰め物で埋める、などがありますが、歯ぎしりが原因で知覚過敏になっていると思われる場合は当然、歯ぎしりを治さない限り知覚過敏も治りません。

歯ぎしりを直接治す事はできなくても、『マウスピース』という歯をカバーする器具を使用し、歯ぎしりによるエナメル質、歯周組織の破壊を防ぐ事ができます。

マウスピースは保険で作ることが出来ますので、知覚過敏にお悩みの方はお気軽にスタッフにご相談くださいね。

ページを見る

ミュータンス菌の母子感染

2024年03月26日

今日は虫歯の原因菌、ミュータンス菌の母子感染についてお話しします。

虫歯の原因となるミュータンス菌は、産まれたばかりの赤ちゃんの口の中にはいません。

・ストロー・大人が使った箸やスプーン

・キス・口移しで食べさせる

などで、お母さんや周りの人の口の中にいたミュータンス菌が赤ちゃんの口腔内へやってきます。

歯が生えてこないうちはミュータンス菌は住みつきませんが、歯が生えて来たらミュータンス菌はさっそく住みつきます。(生後6ヶ月〜3歳までが最も感染しやすい時期です)

 

★ミュータンス菌の母子感染を予防するには

一緒に生活する上で、ミュータンス菌の感染を完全に防止することは難しいですが、赤ちゃんのそばにいる周囲の人たちが、お口の中を清潔に保ち、ミュータンス菌を減らすことから始めましょう。その中でも、お母さんの健康が何よりも大切です。最も効果があり理想的なのは、妊娠期の母親の口腔ケアからお子様への虫歯予防をスタートさせることです。

お子様への感染の時期が遅いほど、お子様の虫歯予防につながります!

ページを見る

甘い物と虫歯

2024年03月23日

当医院にはお菓子作りがプロ並みに上手なI先生がいます。

先日、作ってきてくださったパウンドケーキも最高に美味しかったです。

 

歯科医院のスタッフはみんな甘いものが大好きですが虫歯にならないように気をつけています。

だらだら食べずに時間を決めて食べることと、甘いおやつを食べたあとは歯を磨くということです。

歯は酸によって溶かされることで弱くなり虫歯になってしまいます。

私たちのお口の唾液は常に中性に保たれていますが、

食べ物を食べると唾液は酸性にかわり、歯の表面を溶かしやすくなります。

つまり虫歯になりやすい環境になります。

だらだらと食べ続ける事で虫歯になるリスクが高まってしまうのです。

つまり、おやつの時間を決めて、だらだら食べない事が健康な歯を維持するポイントとなります。

食べ物が無くなったお口の中は唾液の働きにより中性に戻り、そして「再石灰化」という作用で、、溶かされた歯の表面にミネラルが戻りエナメル質をを硬くする作用もあります。

この作用の働きを待って歯磨きするのがちょうど良いタイミングであり、食後15分~30分後がベストと言われています。

虫歯のならないように上手におやつの時間を決めて楽しみたいですね。

ページを見る

春はいつくるの?

2024年03月9日

こんにちは😃
雪が降ったり未だに冬の陽気で、体調崩しやすいですが皆様いかがお過ごしでしょうか?
当院ではホームケアとしてお口の中の菌を減らす、口臭や風邪予防にも適しているタンパク分解型機能水の処方もしています。治療がなくてもお詰替が出来ますのでスタッフにお申し付け下さい。

今月の誕生日スタッフ

院長渡邉

衛生士坂上

助手増村です。おめでとうございます㊗️

 

 

 

ページを見る

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私達にお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • 初診web予約
  • web予約
  • メール相談

LINEで相談や予約ができます

医院の住所

〒221-0002 横浜市神奈川区大口通 138-9

診療時間
9:00 ~ 17:45
  • ※受付時間は終了の30分前
  • ※土曜日は16:45まで
  • ※お昼の時間帯も休まず診療しております。

このページの先頭に戻る