横浜市/大口駅1分の歯医者「ティースホワイト横浜デンタルクリニック」|高度医療を実践。評判・口コミ多数!

診療時間
9:00 ~ 18:00
  • ※受付時間は終了の30分前
  • ※土曜日は17:00まで
  • ※お昼の時間帯も休まず診療しております。

大口駅西口 徒歩1分 駐車場2台分有り

045-423-4182

0120-780-469

キービジュアル

キービジュアル

“口輪筋”のトレーニングについて

2020年08月27日

 

受付の林です!

8月ももうすぐ終わりですが、まだまだ暑い日が続きそうです💦

水分補給をしっかり行い、暑さに負けないようにしましょう☀️

 

さて今回は、“口輪筋”についてお話します!

口輪筋とは、唇の周囲を取り囲む筋肉の事で、ロを開けたり閉じたりする時に私たちは無意識に使っています。口輪筋が衰えると体にさまざまな悪影響が出ると言われています。

 

①お口のトラブル

ロを閉じていられなくなることで、口の中が乾燥し、だ液によるプラークや細菌のコントロールができなくなります。

その結果むし歯になったり、歯石の沈着・歯周病・口内炎・口腔乾燥症口臭などの影響を及ぼすと言われています。

②顔がたるむ

たくさんの表情筋が口輪筋から放射状に伸びている為、表情筋全般が弱くなってしまい、あご・頬のたるみ、ほうれい線や二重あご、左右の顔のバランスが変わってくるなどの悪影響が出ます。

③のどの炎症・全身の病気

口呼吸になり、ウイルスや細菌がのどの周りにある扇桃に直接つくことで、咽頭炎や扇桃炎などの慢性的な炎症を起こしやすくなります。

④いびきや無呼吸

睡眠中に口が開いてしまうことで、舌根が沈んで気道を塞ぐので、いびきや無呼吸症候群を起こしやすくなると言われています。

眠りが浅くなるので、睡眠不足・記憶力低下・不整脈高血圧などの原因にもなります。

 

さまざまな悪影響を防ぐために、口輪筋のトレーニング「あいうべ体操」を行いましょう!この体操には口の運動の基本となる動きがすべて含まれています!

次の4つの動作を順にくり返し行い、口輪筋を鍛えましょう!

 

 

 

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私達にお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • 初診web予約
  • web予約
  • メール相談

電話での問い合わせ

045-423-4182

0120-780-469

▲初めての方はこちらにお電話お願いします。

医院の住所

〒221-0002 横浜市神奈川区大口通 138-9

診療時間
9:00 ~ 18:00
  • ※受付時間は終了の30分前
  • ※土曜日は17:00まで
  • ※お昼の時間帯も休まず診療しております。

このページの先頭に戻る